アトレティコ・マドリーが期限付きでトーレス獲得を発表

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

チェルシーからミランに完全移籍を果たしたトーレスが期限付きでアトレティコ・マドリーへ移籍することとなった。下部組織から所属していた古巣へは7年半ぶりの復帰となる。

トーレスは17歳でトップデビューを果たし、244試合に出場し91ゴールを挙げリバプールへ移籍した。アトレティコ・マドリーの公式HPによると、メディカルチェックを行い1月5日に移籍が完了するとしている。レンタル期間は2014−15シーズン終了までとなっている。

トーレスの移籍コメント

この数年で多くのトロフィーを勝ち取った素晴らしいクラブだ。誰にでも、家に帰らなければならない時がある。子どもの頃、僕はスタンドに立っていた。復帰できるチャンスを得られて、特権的なことだと感じている。

17歳で初めて試合に出た時、自分の夢を実現させた。1部リーグに復帰させようと努力したけれど、チームをヨーロッパに導けなかった。両者にとってベストだとお互い理解したから、僕はクラブを離れたんだ。離れてから7年半になるけれど、アトレティコのためにプレーするという情熱は常にあった。その時を何年も待っていた。

今の気持ちを言葉で表すのは難しい。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加