【動画】清水戦で井手口陽介のアシストから倉田秋がゴールもガンバは首位ならず!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

首位浮上のチャンスもガンバ大阪は清水エスパルスと引き分けドロー!

2017年5月5日に行われた明治安田生命J1リーグ第10節で清水エスパルスとホームで対戦したガンバ大阪は勝ち点3獲得で首位浮上のチャンスだったが1-1の引き分けで試合を終えた。

最初にチャンスを掴んだ清水エスパルスは25分、左サイドからのクロスに鄭大世がボレーで合わせるが、惜しくもゴールとはならなかった。

前半を0-0で終え、試合が動いたのは49分。こぼれ球を白崎凌兵がクロスボールを送るとファーサイドでフリーのチアゴ・アウベスが左足で合わせて清水エスパルスが先制ゴールを奪う。

先制ゴールを許したガンバ大阪は56分に泉澤仁と遠藤保仁をピッチに投入すると1分後の57分、倉田秋が井手口陽介とのワンツーから最後は右足で流し込み同点ゴールを奪う。

その後、両チームは最後まで勝ち越しゴールを奪うことができずにホイッスル。試合は1-1のドローとなっている。

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加