元バルセロナのバブンスキーが知る久保建英「テクニックの塊のような選手だった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

バブンスキーがバルサ当時の久保建英について語る!

最近何かと注目を集める久保建英。15歳にしてU-20日本代表の一員になった才能の少年時代を知る人物がJリーグにいた。同時期にバルセロナでプレーしていた現横浜F・マリノスのダビド・バブンスキーが記憶する『タケ』の素顔とは。

●同時期にバルサでプレーした2人

「僕らは彼のことを『タケ』と呼んでいたよ」

そう語るのは横浜F・マリノスに所属するダビド・バブンスキーだ。『タケ』と呼ばれていたのは、FC東京U-18に所属し、U-20日本代表にも招集されている久保建英のこと。2人は同時期にバルセロナが誇る世界最高のカンテラ(育成組織)に所属していた。

バルサのカンテラは、すべての年代が郊外にあるトップチームと同じ練習場でトレーニングに励んでいる。カタルーニャ州外や国外出身の選手たちのための寮も併設されている。ゆえにマケドニア出身のバブンスキーが久保のことを知っているのではないか。そんな軽い気持ちで投げかけた一言からこのやりとりが始まった。

久保がバルサに在籍していたのは2011年から2015年にかけて。バブンスキーは2006年からバルサに所属し、2013年にBチーム昇格を掴み取った。最終的に2016年まで在籍していたため、2人は全く同じ時期に世界最高の育成組織の一員だったことになる。

「僕がバルサにいた時、彼はまだ若かったね。僕が知っているのは9歳か10歳くらいの頃かな」

カテゴリーは違えど、バブンスキーは『タケ』のことをよく覚えていた。久保がバルセロナに入団したのは2011年8月、10歳の頃なので、マケドニア出身の“先輩”が記憶する「9歳か10歳」というのは加入当時のことだろう。

「本当にかわいくて、小柄だったけど、非常に優れた選手でもあった。いつも自分より大きな相手と戦わなければいけなかったにもかかわらず、物ともせずにプレーしていた。テクニックの塊のような選手だったね。同世代の中では突出したボールをコントロールする能力、ドリブル技術、パススキル…ファンタスティックな10番だった」

●「ピッチ上では違った顔をいくつも持っている」

なぜこれほどしっかり覚えているのか。バルサでは珍しいアジア人だから、一際小柄だったから…いくつか理由を想像したが、バブンスキーから返ってきた答えは違った。「僕がよく覚えているのは彼が今よりも若かった時のプレースタイルだけど、それはまるで小さい時の自分の姿を思い出すようだったからなんだ」と、久保の姿を自身の少年時代に重ねていた。

「正直なところ彼のプレーをずっと見てきたわけではないし、日本でも数試合見ただけ」とは言うものの、バブンスキーはFC東京での久保のプレーもしっかりとチェックしていた。その上で15歳の青年が持つ稀有な才能をしっかりと見抜いている。

「タケはまるでヴァーチャルな世界から出てきたような感じと言ったらいいのかな。ピッチ上では違った顔をいくつも持っている。多くのポジションでプレーできる。FC東京だとトップ下のような場所でプレーしていて、左ウィングも右ウィングも問題なくこなせて、自らゴールに向かっていける。FC東京U-23で決めたゴールは、左サイドからだったよね」

久保はFC東京U-23の一員として出場したJ3リーグ第5節のセレッソ大阪U-23戦の前半38分、左サイドから自らドリブルで仕掛け、相手ディフェンスを振り切り、角度のないところから強烈なシュートをゴールネットに突き刺した。

●『タケ』と『レオ』の共通点。そして後輩へのエール

J3ではあるが、15歳にして森本貴幸の持っていたJリーグ最年少ゴール記録を塗り替えた久保の才能は誰もが認めるところ。バブンスキーはその資質が、ある選手に通じていると分析している。リオネル・メッシだ。

「深く知っているわけではないけど、タケはファンタスティックな少年で、謙虚で、バルサにいた小さい頃は小柄で、いつも物静かだった。日本人は人間としての美しい価値を持っていると思う。彼も例に漏れず素晴らしい人間性の持ち主だった。レオ(メッシの愛称)も非常に謙虚で、物静かで、自分の世界を持っていた。いつも一緒に練習している選手たち全員のことを友人として扱っていた。本当に素晴らしい人物なんだ」

確かに久保は、年齢に似つかわしくない落ち着きがある。どんなに注目されても自分を見失わず、メディアからの質問にも年上の選手たちと変わらない。そして何より、久保の所作には驕りが一切ない。主張すべきところはしっかりと主張し、必要以上に目立とうとしない。そういったピッチ内外の振る舞いこそ、バブンスキーが『タケ』と『レオ』を重ねた理由かもしれない。

久保はまもなくU-20W杯に出場する。そのこともバブンスキーは知っていた。マケドニアの次世代を担う存在として常に期待されてきた“先輩”は、最後にバルサでプレーしていた世界の舞台に立つ“後輩”へエールを託してくれた。

「タケはとても若くて才能のある選手。だからこそ年上の選手たちとプレーするチャンスを得られたと思う。(U-20W杯では)素晴らしいパフォーマンスを見せて、チームを助け、大きな目標を達成できるよう願っているよ。そして何よりも楽しんで欲しい。バルサではサッカーを心から楽しんでいるように見えたからね。タケが楽しんで、いいプレーを見せられれば、チーム全体がどんどん向上していって、全員が楽しくプレーできるはずさ」

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170515-00010013-footballc-socc

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加