長友佑都はバイエルンかレバークーゼンに移籍?ガゼッタ紙「インテル残留はノー!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ガゼッタ紙「バイエルンはラームが引退。長友は高いレベルで両サイドをこなせる」

インテルの日本代表DF長友佑都は、21日のラツィオ戦で6試合連続の先発出場を果たすとイタリアメディアが予想する一方、今季限りでの退団は規定路線と報じている。イタリア地元紙「ガゼッタ・デロ・スポルト」のインテル番記者を務めるマッテオ・デッラ・ヴィーテ氏は、インテル最古参となった背番号55の来季を「ブンデスリーガ移籍」と予想している。

直近8試合で2分6敗と終盤戦に入ってから大失速のインテルで、長友は左サイドバックで先発出場を続けている。4月上旬までレギュラーを守り続けたアルゼンチン人DFクリスティアン・アンサルディが、グロインペインにより手術したことで、長友は終盤戦に入って定位置を確保した。

2011年にインテルに加入した長友は、昨年2019年6月まで契約を延長したばかりだが、イタリア地元紙は今夏の放出リストに入ったと報道している。デッラ・ヴィーテ記者は日本代表DFの来季について、悲しそうに語った。

「長友は残留するのか? ノーだ 長友はもう何年もインテルでプレーしているので環境を変える時で、それが正当なこと。彼にとっても、それがいいと思う」

ミラノの街に愛着を示している長友だが、環境を変える時だとインテル番記者は指摘している。そして移籍先候補としては、これまでセリエAのサンプドリアやプレミアリーグのエバートンなどが浮上しているが、デッラ・ヴィーテ氏の分析は違った。

■ 「彼は2年前に移籍する可能性が高まっていた」

「ブンデスリーガだ。バイエルンかレバークーゼン。彼は2年前に移籍する可能性がかなり高まっていて、インテルとの別れに近づいていたんだ。でも、すべてはインテルの次の監督の判断による。まだ、すべては変動する可能性が残されているんだ。(来季指揮官が)スパレッティ監督になるか? それはまだ分からない」

ブンデスリーガの絶対王者バイエルン、そしてレバークーゼンを移籍先候補に挙げていた。バイエルンではキャプテンで両サイドバックを兼務できたフィリップ・ラームが、今季限りで引退する。長友はコンディションさえ良ければ、両サイドバックを高いレベルでこなすことができる。

「現在の長友の市場価値は500万から600万ユーロ(約6億3000万円から約7億5000万円)」とデッラ・ヴィーテ記者は語る。実績抜群の長友だが、今年9月に31歳となるだけに移籍金はそこまで高くない。

2010年南アフリカ・ワールドカップ直後、長友はチェゼーナへ移籍する前にマインツ行きに近づいた経緯があった。今夏7年越しのブンデスリーガ上陸となるのだろうか。

倉石千種●文 text by Chigusa Kuraishi

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170520-00010016-soccermzw-socc

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加