【動画】乾貴士がバルセロナ相手に2ゴール「決めた後にスタジアムが静まり返ったので」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

カンプノウでエイバルの乾貴士が衝撃の2ゴール!

2017年5月21日に行われたリーガ・エスパニョーラ最終節でバルセロナと対戦したエイバルはスタメン出場の乾貴士が前半7分に右サイドからのクロスに左足で合わせてバルセロナから先制ゴールを奪うと、後半17分にも左サイドでフリーとなった乾貴士がハーフボレーで決めてこの試合2得点目を記録した。

スペイン・マルカ紙

「乾貴士はスペインでバルセロナを相手にゴールを決めた初の日本人選手となった。1点目はバルセロナファンを凍りつかせた。リーグタイトルをさらに難しくしたからだ。そして2点目はバルセロニスタスの希望をさらに小さくした。」

乾貴士試合後コメント

「もちろんこの2得点は一生忘れられないことなので、自分の思い出の中に残ることなのでよかったと思います。バルサ相手に2得点というのはすごく嬉しいことですし、名誉なことですけど、やっぱり差を見せつけられました。負けてしまうと喜びも半減してしまう。悔しいですね。ゴール以外で何かしたかと言われると、大して何もできていない。差を見せつけられた方が強いので、悔しい気持ちの方が今は強い。」

「エリアの中で完全にバルサの守備の枚数が足りてなかったし、フリーだと思っていたので、ボールが来たらいいなと思っていました。バウンド的に難しくて、とりあえずしっかり合わせようと。当たったのはスネあたり。たまたまです、ラッキーですね。言わない方がよかった?いや、それも嫌なので。まぐれはまぐれなので(笑)。決めた後にスタジアムが静まり返ったので、入った実感はあまりなかった。でもチームメイトが喜んでくれて、センターサークルに帰るときに、入ったんだなあ、と。」

「2点目はいい感じの浮き球が来たので、思い切って打ってみようと。さすがにあのコースは狙ってないので、ラッキーはラッキーだけど、しっかりインパクトできて入ったので、それはよかったです。」

乾貴士1点目ゴール動画

乾貴士2点目ゴール動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加