【動画】日本代表アジアカップ直前合宿打ち上げ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

54af2c6c-7cd4-4f1f-ad10-7734d3093d95[1]

日本代表は8日セスノックでのアジアカップ直前合宿を打ち上げた。練習前にはセスノック市長ボブ・ピンセント氏が出席し6日間に渡る合宿を締めくくるセレモニーも開催されている。同市長は「今回、日本代表をセスノックに受け入れる機会に恵まれて大変光栄でした。今回のことは今後長く地元住民の記憶に残ることでしょう。次の機会には休暇で当地に来て、少しゆっくりしてください。われわれは日本を応援しています。アジアカップでの幸運を祈ります。」とスピーチ。最後は日本語で「ガンバッテ!」と激励した。

54af2c37-99e0-48a2-b30e-7734d3093d95[1]

最終日のシュート練習ではアギーレの熱血指導繰り返された。セスノックでの合宿を終えた本田圭佑はメディアに対して「しっかりサッカーに集中して、やるべきことをやってきた。手応えもありますけどできていない部分もある。危機感を持ってやらないと。」と答えた。

香川真司もアジアカップ初戦について「(ブラジルの経験を)生かしていかないといけない。W杯も初戦を想定して準備したけど、ああいう結果になった。より集中して自分たちのサッカーをしないといけない。まずは初戦1試合勝たないと先にはいけないというイメージでやりたい。」とコメントしている。

スポンサーリンク

アジアカップは9日オーストラリアとクウェートの一戦で開幕する。オーストラリアは2006年にアジアサッカー連盟加盟。3度目の出場となる今大会で初めての地元開催となり、初優勝に向けてオーストラリア国内でも盛り上がりを見せている。

【日本代表練習動画】

【長谷部誠コメント動画】

【森重真人コメント動画】

岡崎慎司公式コメント

セスノックでは良いグランドを使わせてもらいました。初戦の開催地はここから1時間しか離れていないので、応援に来てくれるかなと思っています。勝ち上がっていきたいです。練習では質を求めながらチームとしての一体感が出ていると思います。初戦のパレスチナ戦は簡単ではないと思いますが、90分プレーして試合を感じながら戦いたいと思います。グループステージでは厳しい状態でも我慢して戦う試合もあると思いますが、(大会の)最後に最高に上げていくのがいいと思います。

本田圭佑公式コメント

合宿には手応えも満足していないところもありますが、全てを解決というのはあり得ません。まだ時間があるので、今の時点で100である必要はありません。あと3日のトレーニングと試合を重ねていくうちに、最後のところへ上げていければいいと思います。初戦から上げて行って維持出来れば理想ですけど、人間の体はそういうふうには出来ていません。大会は全体で6試合ありますから。でも、6試合全てで最高のパフォーマンスを維持し続けるのが目標です。しっかりサッカーに集中して、それぞれのポジションでやるべきことに目を向けてやらないといないと考えています。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加