フランクフルトとのポカール決勝でドルトムント公式が香川真司をスタメンと予想!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

ドルトムントは5シーズンぶりのタイトル獲得へ香川真司をスタメン起用か?

日本代表MF香川真司の所属するドルトムントは現地時間2017年5月27日にフランクフルトとのDFBポカール決勝を戦う。今季を締めくくるタイトル戦で香川はトップ下での出場が予想されている。

ドルトムント公式サイトによる予想スターティングイレブンはGKビュルキをはじめ、最終ラインは右からDFピスチェク、ソクラティス、バルトラ、シュメルツァー、MFシャヒンとゲレイロが中盤の底に並び、二列目はデンベレ、香川、ロイス、ワントップにFWオーバメヤンという4-2-3-1システムで戦うと見られている。

足首骨折のMFヴァイグル、代謝障害で長期離脱のMFゲッツェの2人はメンバー外が確定しているが、シーズン終盤を欠場したFWシュールレはすでにトレーニングに復帰しており、この試合でベンチ入りする可能性がある。

香川は激戦となった準決勝のバイエルン・ミュンヘン戦(3-2)は出番がなかった。出場すれば、ポカールでは今季3試合目の出場。初戦の3部アイントラハト・トリアー戦(3-0)では2得点を決めていた。

クラブとしては4季連続の決勝進出となるが、過去3年間はいずれも準優勝。二冠を達成した2012年以来、5季ぶりとなる戴冠に向けて背番号23を背負う香川はピッチで結果を残すことができるだろうか。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170527-00010005-soccermzw-socc

ドルトムント公式ツイッター

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加