ドルトムント負傷者が練習復帰 ロイスもフルメニュー消化

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17

78G_Training4_bvbnachrichtenbild_top

8日は悪天候となったがドルトムントは2部練習を実施。負傷者も徐々に回復しドゥルムも8日に初めて練習に参加し、ソクラテスとムヒタリアンもランニングを開始した。インモービレはインフルエンザから7日に練習復帰している。

中でもドルトムントにとって一番の朗報は第12節のパーダーボルン戦で右足首外側じん帯を損傷していたロイスがフルメニューを消化したことだ。

チームのメンバーが続々と練習復帰している現在の状況についてクロップ監督は「これからたくさんのプログラムをこなしていくことになるがとても楽しみだ。」とコメントしている。

6日の練習でも「ポジティブないい雰囲気でシーズン後半戦をスタートしたい。」と話していたクロップ監督は現状に満足しているようだ。

ドルトムントはブラッケル練習場で1日2回の練習を行っており、10日には冬季合宿地であるスペインのラ・マンガに向けて出発する予定だ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加