【動画】ポカール決勝のフランクフルト戦で香川真司がスライディングで最高の守備を見せる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

香川真司が守備でもドルトムントのタイトル獲得に貢献!

27日、ボルシア・ドルトムントはフランクフルトを2-1で下し、DFBポカールを制した。このラストマッチでフル出場を果たした日本代表MF香川真司を地元紙『WAZ』が高く評価している。

香川はこの一戦では主に中盤の深い位置でプレー。16分にはフランクフルトが仕掛けるカウンター攻撃をタックルで阻止するなど守備の面でも貢献している。後半には前線に現れ、ゴールに近づく場面も見られたが、この日は決定的なプレーは多く見られず、守備と攻撃をつなげるボランチに近い役割に専念していたようだ。

そのパフォーマンスに『WAZ』は「2.5」と高めの評価をつけている。先制点を奪ったウスマン・デンべレ、PKで勝ち越しを決めたピエール=エメリク・オーバメヤンを含む5人が「2」を与えられトップタイに並んだ。同紙はハーフタイムに負傷交代となったマルコ・ロイス(「4.5」)、マルセル・シュメルツァー(「4.0」)を辛口評価。香川のプレーについては「ドルトムントとともにポカールを2回優勝した日本人選手はとても目立った試合を見せた」と寸評し、「豊富な運動量を見せ、53分には惜しくも2-1とするチャンスを逃してしまった」と続けた。

一方で、『ルールナハリヒテン』は香川に「3.5」とやや低めの採点をつけている。得点者のデンべレとオーバメヤンに「2」とトップタイとした同紙は、PKを獲得したクリスチャン・プリシッチも「2.5」と高く評価。ソクラティス・パパスタソプロス、マティアス・ギンターは最低タイの「4」となっている。また香川のパフォーマンスについては「優れたドリブラーはここ最近絶好調だったが、ファイナルではそのフォームを再現できず」と記し、「前半は姿を消すことが多く、それによりドルトムントの攻撃的プレーが停止してしまった。後半の方は存在感を増し、相手ペナルティーエリア内にも顔を出している」と続けた。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170528-00000000-goal-socc

香川真司スライディング動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加