【動画】シリア戦で香川真司が肩を負傷し倉田秋と途中交代!心配される怪我は脱臼か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

香川真司が前半10分で怪我のため負傷交代!

2017年6月7日のキリンチャレンジカップでシリアと対戦した日本代表は試合開始早々にアクシデントが起きる。体制を崩しながらもボールをキープしようとした香川真司が相手選手と交錯し肩を負傷。前半10分に倉田秋と途中交代している。

試合後の診断結果は左肩関節前方脱臼で香川真司は代表離脱か?

ハリルジャパンに暗雲が垂れ込めた。MF香川が負傷離脱することが濃厚となった。悲劇が起きたのは前半8分。相手選手と競り合った際、ピッチについた左手に全体重がかかる格好で転倒し、左肩を負傷。前半10分には苦悶(くもん)の表情を浮かべながら担架で運ばれ、途中交代となった。

日本サッカー協会によると試合後には都内の病院に向かい、精密検査を受けた。試合直後のハリルホジッチ監督は「真司が心配」と表情を曇らせていた。結果は左肩関節前方脱臼。全治は不明だが離脱は避けられそうにない。先月28日にドイツ杯決勝のフランクフルト戦で痛めた臀部(でんぶ)の回復は順調だったが再びケガに泣くことになった。

日本代表は8日、決戦の地テヘランへと出発するが、イラク戦までは中5日、回復を待つにはあまりに時間が少ない。香川の去ったピッチでは昨年3月の対戦で5―0と圧勝したシリアに大苦戦。大きな不安を残す結果となった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170608-00000007-spnannex-socc

香川真司負傷シーン動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加