パレスチナ戦4-0で快勝 日本代表選手コメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

461391192-500x355[1]

12日オーストラリアのニューカッスルでアジアカップ初戦となるパレスチナとの一戦に挑んだ日本代表は遠藤保仁・本田圭佑・岡崎慎司・吉田麻也のゴールで4-0の勝利。連覇へ向けて好発進した。香川真司は3ゴールに絡む活躍を見せ、岡崎慎司はこの試合のMVPに選出された。

この勝利で日本代表はグループDの初日を終えた時点で首位となっている。

461424114-500x333[1]

香川真司コメント

初戦は難しいので得点に絡んだことより初戦をしっかり勝てたことと無失点がよかったと思います。枠に飛ばそうと抑えてシュートを撃ったのですが、うまく岡崎選手が詰めてくれて良かったです。あのままだと枠を外していたので、あそこで岡崎選手がストライカーらしさを見せてくれました。自分自身はまだまだコンディションを上げていかなければなりませんし簡単なミスも多いです。3-0、4-0と点差が開いたら、プレーの精度が上がりませんでした。2戦目、3戦目とコンディションを上げてやっていかなければならないと思います。

B7JXLnfCIAAnMEO[1]

本田圭佑コメント

立ち上がりいい形で先制点を取れたのがこの4-0の結果につながったかと思います。チームとしてやろうとしていることが明確になっているのが非常に良いと思いますが、質はまだまだ改善してミスを減らしていかなければなりません。試合運びで先手を取れてみんなもリラックスできてプレー出来たのではないかと思います。(PKでの得点は)どんな形でも得点は自分に自信を与えてくれるので次も取れるように良い準備をしたいですし、次の試合も先制点が非常に重要になってくると思います。非常に厳しい試合が待っているので慎重に入っていきたいと思います。

スポンサーリンク

japan_news_20150112_1[1]

遠藤保仁コメント

4-0で勝てて良いスタートを切れたと思います。ゴールの場面は浮かすと風で吹かされると思ったので、押さえて枠を狙ったのですが入って良かったです。高い位置でプレーしているのでゴールへの意識がかなり強くなっています。それが良い結果として出ているかと思います。今日はみんな高いモチベーションで、試合にも良い入り方が出来ましたがチャンピオンにならないと何もなりません。これだけボールを支配しながらビッグチャンスも少なかったと思うので、もっと上手く連動しながら攻めて守れるようにしたいです。今日の結果にみんな満足はしていませんし、次は勝たないといけない試合なので、今日のことは忘れていい準備をして臨みたいです。

afc1-e1421055425113[1]

岡崎慎司コメント

チーム全体で試合の入りが良くて遠藤選手のゴールが大きかったと思います。気候もそんなに悪くなかったので体は動きましたし、チームのアプローチも良かったのでチャンスに貢献できたとは思います。でも相手は1人退場になりましたし、もっとアグレッシブに行けたと思いますし、もっと得点が欲しかった。4ゴールには満足していません。ゴール場面は香川選手がシュートを打つと思ったのですが、軌道が外れるかもしれないと思い外れていたらそれを入れようと狙っていました。初戦に勝って自信を手に入れることはすごく大事でした。自分たちがFIFAワールドカップで受けた悔しさをここで出したいと思っていますが、そのスタートでアグレッシブに戦えたことは次につながります。

yoshida_maya_Palestine[1]

吉田麻也コメント

初戦はどの大会でも難しいし、パレスチナについてほとんど情報がなかったので立ち上がりは慎重に入りました。正直言って、この2チームの力量には開きがあったと思いますが相手は前線にスピードがあって動きもいい選手が2人いたので、攻撃時にはリスクマネージメントを意識してプレーしましたが守備は良かったと思います。われわれには良いスタートになりました。でも僕らがまずすべきことはグループステージ突破で、そこが重要だと思います。

スポンサーリンク

【試合全ゴール動画】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加