【動画】広島戦で浦和の関根貴大が50メートルの5人抜きドリブルから決勝ゴール!!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

関根貴大がアディショナルタイムに5人抜きドリブルから決勝ゴール!

2017年7月1日のJ1リーグ第17節のサンフレッチェ広島戦で浦和レッズの関根貴大が伝説に残るようなドリブルシュートを突き刺し、チームの連敗を3で止めた――。

3連敗中の両チームの状態を物語るように、ミスが続く展開に。前半、浦和は興梠、武藤のゴールで2点を先取。しかし後半、広島に反撃を許し、A・ロペスの2ゴールなど3点を奪われ逆転される。

そこから再び浦和は猛攻を開始。李、R・シルバ、ズラタンとアタッカーを次々と投入すると、ズラタンのゴールで再び3-3に。

迎えた90+2分、槙野のボール奪取から関根が左サイドのハーフライン付近でパスを受ける。関根はそのままボールを持って広島のゴール前へ進入。次々と相手をかわし、最後はゴール前を固めるDFの千葉、水本もかわして右足を振り抜き、見事4-3とするシュートを突き刺した。

試合後、関根は「あと一歩、あと一歩(決まらないプレー)が続いたので、最後に決まって良かった。この勝利を無駄にしないためにも、次も勝ちたい」と喜んだ。

先輩の原口元気が見守るなかで見せた成長の姿。気持ちのこもった一撃。浦和で語り継がれるビッグプレーのひとつとなりそうだ。

取材・文:塚越始(サッカーダイジェスト編集部)

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170701-00027388-sdigestw-socc

関根貴大ゴール動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加