【動画】アジアカップ第2節 日本代表がイラクに勝利(試合後公式コメント追加)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

821052_heroa

アジアカップ・グループステージ第2節、勝ち点3で並ぶ日本代表とイラクの試合が行われた。

序盤から攻勢に出る日本代表は、乾貴士のグラウンダーのクロスに香川真司が合わせるもGKに弾かれる。こぼれ球からエリア内で本田圭介が倒されてPKを獲得。本田が落ち着いてゴール右に決め日本代表が先制する。

前半をリードして終えた日本代表はイラクが後半54分に交代選手を投入し同点ゴールを狙いにきたが、日本代表も63分に乾、遠藤に代えて清武、今野を投入しうまく対応した。

香川、清武が絡む、鋭いカウンターから本田のポスト直撃のフィニッシュなどイラクのゴールを脅かし続けたが追加点は奪えなかった。

この試合で遠藤保仁は日本代表通算150試合(歴代最多)出場を果たした。

endo_150_daihyo

endo3-500x327

スポンサーリンク

【試合ハイライト動画】

遠藤保仁コメント

(試合後のサプライズは)知りませんでした。勝たないとできないことなので勝ててよかったです。代表は目標のひとつですが、ここまで代表でやれているとは想像していませんでした。誇りに思います。常に代表で活躍したいという思いはありますし、試合を積み重ねることで出来る限り記録を伸ばしていこうという思いはあるので、まだまだ止まるわけにはいきません。前を向いてやっていきたいです。試合は前より低い位置でプレーして形もよかったですし、守備も安定した戦いが出来ましたが、次のヨルダンに負けるとグループステージ突破がどうなるかわかりません。勝って1位通過を決めたいです。

本田圭佑コメント

大事な時間帯で先制点を取れてよかったですが、まだまだいいプレーを出せたと思うので、満足はしていません。ビッグチャンスを3回作れたのはうれしいですが、決めないといけません。次は決めたいと思います。コンディションは少しずつ上がっていますし、手応えはあります。酒井選手は両足を使えるのが魅力で、後ろでどしっと構えて相手にチャンスを作らせていません。試合を重ねるごとに良いプレーができていると感じています。

森重真人コメント

後ろはゼロに抑えるというのは最低限のことで、そうすることでグループステージ突破につながると考えていました。それがしっかりできて良かったと思いますが、欲を言えば2点目を早く取れればチームも楽になれたと思います。目的は最低限達成できたので決定機のところを決めることに、もっともっとこだわってやっていきたいです。暑さは相手も同じだと思うので、足を止めずに最後まで闘うということが一番重要です。90分通して声を出すことが今日の試合ではすごく大事でしたが最後までみんなが声をかけながら出来たと思います。前の試合よりも今日の試合よりも、3試合目が良くできるように1試合ごとに良いゲームができるようにやっていきたいです。

清武弘嗣コメント

途中出場でしたがスペースがあったので自由に動いてボールに触りました。1−0で勝っていたので、しっかりと守備から入るように今野選手と2人で指示を受けていたので、そこは意識しながらプレーしました。それほど危ないシーンもなかったので良かったと思います。1点決められればDF陣を楽にしてあげられたと思うので、獲れればよかったのですがリードしていたのであまり焦らずに相手が出てくるところをうまく攻められたと思います。次の試合にも気を抜かずに同じモチベーションで行きたいです。

スポンサーリンク

ラディ・スワディ監督(イラク)コメント

日本は良い試合をしたと思います。強いと分かっていたので戦術を研究して試合に臨みましたが、日本はモダンなサッカーをしてこちらの攻撃陣にプレッシャーをかけ、ウィングを含めた攻撃の6人が危険な存在でした。多くのチャンスを作られて、われわれもチャンスはあったのですが活かすことができませんでした。チームは現状で出来る限り最高のプレーをしたと思いますが、大会への準備期間が短く選手を同じレベルに揃えられなかったので何人かは90分持ちませんでした。準々決勝進出が最終戦にかかってくることは読み通りです。難しい試合になると思いますが選手レベルを出来るだけ引き上げて、ベスト8に進めるように最善を尽くします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加