マインツで同僚だった岡崎慎司の言葉に感謝!内田篤人がポルターに伝えた事とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

岡崎慎司が褒めてくれていた事に喜ぶウニオン・ベルリンのポルター!

今夏の移籍市場で、内田篤人が7シーズン過ごしたシャルケを去り、2部のウニオン・ベルリンに新天地を求めた。

すでに内田は新チームでの練習をこなしている。これまでシャルケ時代に対戦してきた選手がウニオンに多数在籍していることもあり、早くも内田は新天地で同僚と良好な関係を築いているようだ。

そんな中、ウニオン・ベルリンのFWセバスティアン・ポルターが、マインツ時代の同僚、岡崎慎司への感謝のメッセージをSNSで発信して話題を集めている。

ポルターは「ウシーから聞いたよ。シンジは僕のことを“ゴールマシーンだ”って褒めてくれていたってね。ありがとう」とのリプライを岡崎に対して送った。岡崎もこのリプライを受け、その言葉をリツイートしている。

1991年生まれ、現在26歳のポルターはヴォルフスブルクでトップデビューを果たし、その後はニュルンベルク、マインツ、ウニオン・ベルリン、QPRなどを渡り歩き、再びウニオン・ベルリンに復帰していた。

13-14、14-15シーズンはマインツでプレーし、当時マインツでは岡崎と同僚だった。192センチの長身を生かしたポストワークとフィニッシュセンスを武器とするポルターだが、マインツ時代から岡崎は同選手の決定力を高く評価していた模様。

また、ウニオン・ベルリンに加入した内田篤人にとっても、ポルターは頼れるチームメートになりそうだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170824-00000008-goal-socc

ポルター公式ツイッター

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加