【動画】桐生祥秀が100mで9秒台を記録!日本初の快挙に「ベストを更新できた!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

桐生祥秀が日本初の快挙となる9秒台を記録「やっと4年間くすぶっていたベストを更新することができた」

<陸上:日本学生対校選手権>◇第2日◇2017年9月9日◇福井県営陸上競技場

男子100メートルの桐生祥秀(21=東洋大4年)が日本人初の9秒台を記録した。

決勝で追い風1・8メートルの中、9秒98をマークし1着。伊東浩司が98年に記録した10秒00の日本記録を19年ぶりに更新した。

レース直後、桐生は「やっと4年間くすぶっていたベストを更新することができた。9秒台を出せて、(世界の)スターラインに立てたかな」と喜んだ。

最初の速報タイムが9秒99と出ただけに「10秒00にならないように祈ってました。でも早くフィニッシュできててよかった」と笑った。

桐生は洛南高3だった13年4月、織田記念陸上の予選で自己記録を0秒18も更新する10秒01をマークし、一躍、日本陸上界の救世主として登場。ただし今季は6月の日本選手権決勝では10秒26の4位と敗れ、8月の世界選手権の100メートル代表を逃すなど苦しい時期を過ごしていた。それだけに9秒台という大記録に、桐生は快哉を叫んだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170909-01885271-nksports-spo

桐生祥秀が100mで9秒台を記録した現地動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加