【動画】香川真司がトッテナム戦でアシスト「テクニカルにヤルモレンコのゴールを演出」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今季初スタメンの香川真司がトッテナム戦でヤルモレンコのゴールをアシスト!

 2017年9月13日、チャンピオンズ・リーグ第1節のトッテナム・ホットスパー戦で今シーズン初先発を飾った香川真司。同点弾をアシストするなど一定のプレゼンスを示したものの、ボルシア・ドルトムントは1-3で敗れ、黒星スタートとなった。
 
 ドイツ・サッカー専門誌『Kicker』はその速報ページで、「アリエン・ロッベンが得意とする鋭いフックのかかった弾道でねじ込んだ」と、まずはアンドリー・ヤルモレンコの同点ゴールを賞賛。そのアシストを決めた香川に対しても、「ヤルモレンコの位置をよく見極め、綺麗なダブルパス(ワンツー)を完成させた」と評した。
 
 すぐさま選手採点と寸評を掲載したのが『Der Westen』紙だ。5段階評価(5が最低、1が最高)において、香川は及第点の3。「敵陣でまずまずの動きを披露。ヤルモレンコのゴールのお膳立ては完璧なセットアップだった。だが予定通りだったのか、66分、マリオ・ゲッツェにポジションを譲った」との寸評を添えた。ちなみに最高点はヤルモレンコの2.5で、最低点は右インサイドハーフ、マフムード・ダフードの4だった。
 
 そしてドイツ全国紙の『Bild』は、同じくアスシトシーンを「カガワらしいテクニカルな処理でゴールを引き出した」と称えた。一方で、「66分にゲッツェと交代。試合の流れに乗れていなかった」と、後半の出来についてはやや辛めの評価となった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170914-00029965-sdigestw-socc

トッテナムvs香川真司アシスト動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク