【タッチ集動画】アーセナル戦で途中出場の大迫勇也!積極的な攻撃参加もゴールに絡めず

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

途中出場の大迫勇也がアーセナル戦でELデビューもケルンは敗れる!

2017年9月14日、UEFAヨーロッパリーグ・グループリーグ第1節が行われ、グループHのアーセナルはホームに大迫勇也の所属するケルンを迎え、3-1で逆転勝ちを収めた。ベンチスタートとなった大迫は、76分から途中出場を果たしている。

ホームのアーセナルが圧倒するかに思われたこの一戦、先手を取ったのはアウェーのケルンだった。9分、DFラインの裏へのパスを飛び出してクリアしたGKダビド・オスピナだが、このクリアボールを中盤で拾われ、受けたジョン・コルドバが振り向き様にシュート。これががら空きのゴールに吸い込まれ、ケルンが先制する。

出鼻を挫かれたアーセナルはボール支配で上回りケルン陣内へと攻め入るが、コルドバを残して自陣に下がるケルンの守りを崩しきれない。逆にケルンは堅い守備からの速攻であわやという場面も作る。

しかし35分、GKオスピナとの接触プレーで足首を痛めたヨナス・ヘクターがミロシュ・ヨイッチとの負傷交代を余儀なくされてしまう。

キープレーヤーの一人を失ったケルンは前半こそ1-0で逃げ切ったものの、後半はロブ・ホールディングに代えてセアド・コラシナツを投入したアーセナルが猛攻を仕掛ける。

49分、モハメド・エルネニーの浮き球パスに抜け出したテオ・ウォルコットがエリア内左から折り返す、これはDFに当たってこぼれ球になるが、エリア内左にいたコラシナツがボレーで逆サイドネットに叩き込みアーセナルが同点に追いつく。

ケルンは前半以上に押し込まれ、防戦一方の時間帯が続いたが、60分過ぎから中盤でボールを奪う回数が増え、カウンターを仕掛けられるようになる。しかし67分、逆に中盤で横パスを奪われてカウンター。左サイドでボールを受けたアレクシス・サンチェスがカットインから右足を振り抜くと、これがゴール右隅へと吸い込まれアーセナルが逆転に成功する。

直後にアレックス・イウォビに代えてジャック・ウィルシャーを投入し中盤での支配力を強めたアーセナルに対し、コルドバが完全に孤立していたケルンは76分、ルーカス・クリュンターに代えて大迫が投入される。大迫はこれがヨーロッパカップ戦デビュー。

しかし、前線の収まりどころを増やしても、そこまで思うようにボールを届けることができない。82分には、左サイドでサンチェスが粘り、抜け出したコラシナツの折り返しを中央のウィルシャーがスルー。フリーとなったウォルコットのシュートはGKホルンがかろうじてはじくが、こぼれ球をエクトル・ベジェリンが押し込んで勝負あり。アーセナルが3-1の逆転勝ちでヨーロッパリーグ白星スタートを切った。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170915-00000047-goal-socc

アーセナルvs大迫勇也タッチ集動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加