【動画】ラツィオ戦でジェノアのペッレグリが16歳で最年少2ゴール「抱いた夢は叶うんだ!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ジェノアのペッレグリが憧れのセリエAで最年少2ゴールを記録もラツィオに敗戦!

2017年9月17日にセリエA第4節が行われ、ラツィオをホームへ迎え入れたジェノア。試合は2-3で惜しくも敗れたものの、この一戦で偉大な記録が打ち立てられた。

昨年12月に15歳280日でセリエAデビューを飾り、最年少出場記録に並んでいたピエトロ・ペッレグリ(2001年3月17日生まれ)が、この試合でも途中出場を果たすと、2ゴールを記録。伊『Gazzetta dello Sport』など複数メディアによると、16歳112日での2ゴールはセリエA史上最年少となり、1931年に打ち立てられた17歳104日を86年ぶりに大きく塗り替えている。

そんなペッレグリは試合後、伊『MEDIASET PREMIUM』や伊『Rai』のインタビューに応じると「子供ころに抱いていた夢は叶うんだ。僕と僕の父にとって重要な夜になったよ」や「1点目はジェノアサポーターへ、2点目は父へ捧げたい」とコメント。憧れの舞台で活躍できたことへの喜びや、これまで支えてきてくれた父(ジェノア現チームマネージャー)への感謝の意をあらわにした。

ただ一方で「ゴールはもちろん嬉しい。だけど、試合結果はとても残念だよ」と悔しさもにじませている。そして、目標とする選手について「僕のアイドルはズラタン・イブラヒモビッチだよ。彼は世界最高のストライカーだからね」と語った。

今後の活躍が期待されるペッレグリ。さらなる成長を遂げ、ピッチで多くのファンを魅了してもらいたいものだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170919-00010004-theworld-socc

ラツィオvsペッレグリ2ゴール動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加