シャルケの内田篤人が実戦復帰もラピード・ウィーンに1-2で敗戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

B8IKVigIUAAAD1D.jpg-large

内田篤人はフル出場

シーズン後半戦開始前、最後のテストマッチに挑んだシャルケだったが、結果はラピード・ウィーンに1−2で敗れた。

敗戦したもののシャルケ公式は「残念な結果に終わった試合ではあったがポジティブなニュースもある。」と負傷から復帰したジョエル・マティプと内田篤人がプレーできたことを伝えている。

試合はシャルケが27分にフクスが先制ゴールを挙げ1点リードで前半を折り返すが、後半開始わずか3分フィリップ・ショーベスベルガーに同点ゴールを許してしまう。後半に入って効果的な攻撃ができないシャルケに対してラピード・ウィーンは82分にアラーがゴールネットを揺らし逆転。試合は1−2でシャルケの敗戦となった。

【シャルケ出場選手】

GK:ギーファー(76分ヴェレンロイター)
DF:ヘーヴェデス(76分マティプ)、キルヒホフ(76分サンタナ)、ナスタシッチ
MF:内田篤人、フクス(84分ボルクマン)、ヘーガー(76分バルネッタ)、ノイシュテッター、マイヤー
FW:ボアテング(59分サム)、フンテラール(46分ザネ)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加