退場処分のC・ロナウド アトレティコとのダービーマッチの出場は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17

Ronaldo1-500x333

スペイン紙「マルカ」はリーガエスパニョーラ第20節アウェーのコルドバ戦で一発退場となったC・ロナウドについて、レアル・マドリーはC・ロナウドの出場停止処分が2試合以下になるように動いていると伝えている。

C・ロナウドは82分コルドバのエジマールに対して蹴りを入れ一発退場となった。退場処分について主審を担当したエルナンデス氏は試合記録で「ボールとは離れたところで相手選手に打撃を加えた」と記載している。

この試合後、C・ロナウドは自身のツイッターで「今日の試合での僕の軽率な行いについて、すべての人たち、特にエジマールに許しを求める」と謝罪している。

スポンサーリンク

855912_heroa

謝罪についてエジマールは「全く問題ない。僕は彼を許すよ。」とコメントし、さらに「クリスティアーノは僕にとって世界最高の選手だ。そんな彼と対立する必要なんてない。熱くなってしてしまったことだろうし、誰にでも起こり得ることだ。上手くいかずに、少しナーバスになっただけだと思うよ。」とC・ロナウドを擁護したとマルカ紙は報じている。

出場停止処分については競技委員会から科せられることになるが、レアル・マドリーは第21節レアル・ソシエダ戦と第16節が延期となったセビージャ戦の出場停止処分は受け入れるようだが、第23節のアトレティコ・マドリーとのダービーにはC・ロナウドを出場させたいと考えている。

マルカ紙によれば「もし3試合以上の出場停止処分が科される場合には、法律の専門家とともに上訴に動く考えだ。」と伝えている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加