ハノーファーが酒井宏樹のライバルとなる右SBストヤノヴィッチを獲得

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

Hannover 96 v Eintracht Braunschweig - Bundesliga

ハノーファーが酒井宏樹のライバルとなるSBペタル・ストヤノヴィッチ(19)をマリボルから獲得したとキッカー紙が発表している。

右SBは酒井宏樹に頼りきっていたハノーファーだが、チームを満足させるパフォーマンスではないと指摘されていた。以前からハノーファーはストヤノヴィッチ獲得へ動いており、酒井宏樹を放出する可能性もメディアが報じていた。→ ハノーファー酒井宏樹を放出を検討か

キッカー紙によると「月曜日にもメディカルチェックを受け、ハノーファーと2019年までの契約書にサインする模様。」と掲載し、これはストヤノヴィッチの代理人がキッカー紙に対して認めたことだと説明している。

ストヤノヴィッチは19歳ながら既にスロベニア代表デビューも果たしており、マリボルではCL5試合に出場しシャルケとも対戦している。

先日の報道ではマリボル側が移籍金300万ユーロを要求しているとされていたが「移籍金は200万ユーロになりそうだ」と伝えている。

スポンサーリンク

人気記事
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク