原口元気や乾貴士など日本人ドリブラーに山田大記「ヨーロッパでなかなか通用しない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ドイツで3年間過ごした山田大記「自分もJリーグではドリブルのスピードもそこそこは自信がありました」

1 :Egg ★ :2017/10/04(水) 20:03:34.77 ID:CAP_USER9.net[1/2]

■日本人ドリブラーは世界に通用するのか?

それは日本サッカーが世界としのぎを削っていくために、目を向けるべきテーマだろう。

近年、日本サッカー界はパス戦術に傾倒しすぎた。世界を席巻したバルサの華麗なパス回しが、極端なサッカー観を作った。
一方で日本代表監督がヴァイッド・ハリルホジッチになってからは、ポゼッションをかなぐり捨て、極端なカウンター戦術に舵を切った。パスを極力減らし、”速い攻撃”に主眼を置いた。

しかし、その両極の間にある「ボールを運び、(敵を)ずらし、仕掛け、崩す」というドリブルこそ、見直されるべきではないか。
その点で原口元気(ヘルタ・ベルリン)がひとつの可能性を示している。

ブンデスリーガ第7節。ドイツ王者バイエルン・ミュンヘンを相手に、原口は果敢にドリブルで挑んだ。左サイドでボールを受けると、
バックラインをドリブルで横切りながら中央に侵入し、突っかけてきたジェローム・ボアテング、ヨシュア・キミッヒという2人のドイツ代表ディフェンダーを卓抜した間合いとコントロールで外し、エリア内に突入。

ここで削りにきたマッツ・フンメルスを滑らせてかわし、オンドレイ・ドゥーダに絶妙のラストパスを送って、得点をアシストした(結果は2-2の引き分け)。

原口のドリブルは、世界有数の守備者たちを翻弄している。その技術は、「異国の地で磨き上げられた」ということになるだろうか。
「原口があれだけ順応できているのは、すごいことですよ」

ドイツ2部のカールスルーエで3年間を過ごしたMF山田大記(ジュビロ磐田)は明かしている。
原口とはドイツ挑戦が同じ時期で、同じようなポジションという山田の証言には、説得力があった。

「原口のプレーはJリーグにいた頃よりも、かなり変化しました。『ドリブラーとしてはつまらなくなった』という意見も聞きますね。でも、俺としては”ドイツで成長したんだな”と尊敬すらします。

これはヨーロッパに来てみないとわからないことなんですが、日本で言うドリブラーは、ドイツなどヨーロッパではなかなか通用しないと思います。
足先だけでかわしても、あっちは体ごとでガチャンと潰しにくる。自分も、Jリーグではドリブルのスピードもそこそこは自信がありました。

でも、海外では体ごとぶつけてくるので、かなり厳しかったですね。だからこそ、日本人選手は守備の部分だったりで、泥臭くもできるようにしながら順応する必要があるんです」

山田が言うように、原口は試行錯誤の中、ドリブルの切れ味を密やかに上げたのだろう。ドリブルの軽やかさや奔放さはJリーグ時代よりも薄れたかもしれない。
しかし、他のプレー精度を高める中、ドリブルに”凄み”が出た。おかげでチームプレーヤーとして欠かせない存在になり、代表でも中心になりつつある。

その進化にこそ、日本人ドリブラーの目指すべきモデルのひとつがあるかもしれない。

つづく

10/3(火) 17:30配信 sportiva
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171003-00010007-sportiva-socc&p=1

引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/mnewsplus/

2 :Egg ★ :2017/10/04(水) 20:03:49.80 ID:CAP_USER9.net[2/2]

エイバルの乾貴士にも同じことが当てはまる。1年目は、守備の強度の低さやポジショニングの拙(つたな)さが指摘され、格上相手では起用されなかった。
しかし、2年目に課題を克服。それによって攻撃の精度も高まって、最終節のバルサ戦で2得点を決めるなど、先発に定着した。

「日本人選手の技量はかなり高い。多くの選手がドリブルを得意とし、驚くほど両足も使える。しかし、Jリーグは守備強度が低いので、欧州で通用するには技術をアップデートさせる必要がある」

海外のスカウトは口を揃えて言う。ヨーロッパに渡った日本人選手は出場機会を得るため、まずは強さや速さや激しさに順応する必要がある。
乾も原口も、プレーヤーとしてのステージを上げ、ドリブルを”世界仕様”にチューニングした。その結果、より激しく厳しい環境で、技を出せるようになったのだ。

「ヨーロッパで言うドリブラーは、1対1じゃなくて、1対2で勝てる選手なんだと思います。ドイツでは1人目がバランスを崩し、2人目で完全に奪い取ってきますから。
間合いやスピードが違うし、研究もされるので。ドイツでは長谷部(誠)さんとかもそうですけど、プレーヤーとして(たくさんのポジションができるなど)順応することで成長していますね」

ドイツでの3年目はボランチとしてもプレーした山田は言う。

異なる環境に適応することで、選手は殻を破るのだろう。元の日本人ドリブラーのままでは、欧州のトップリーグでは返り討ちに遭う。だが、日本人ドリブラーが通用しない、ということでもない。
世界の強度に順応することができたら、何らかの形で活路は開けるはずだ。

小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki

スポンサーリンク

27 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:16:53.17 ID:2ZtxEo340.net

>>1

ほんとに技術あるなら、このまま守備強度上げることに専念したらいいんだな?

ボール扱う技術は若いときに付けとかないと無理だし。

7 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:07:05.35 ID:Xq3C/n/d0.net[1/3]

山田の言う通りだな
日本人のドリブラーは海外に行くと大体苦戦する
原口や乾はよくやってると思うわ
最近移籍した関根もアジャストできると良いが

9 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:08:02.87 ID:0dz485Rh0.net[1/6]

世界に誇る日本人ドリブラーといえば乾だろ
俊輔もよかったけどな
柴崎、原口と期待できる若手出てきていいわ

>>3
カズの「結局は1対1だよな」って発言は的を射てるんだよな

12 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:10:19.17 ID:Xq3C/n/d0.net[2/3]

>>9
俊さんはフィジカル面できつくなってスコットランドじゃクロッサーだったけどな
原口や乾みたいに縦に仕掛けるようなプレーはほとんどなかったよ

18 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:14:08.18 ID:0dz485Rh0.net[3/6]

>>12
結構しかけてるで

49 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:25:33.85 ID:HeC4BFni0.net

>>9
世界に誇る日本人ドリブラーっていったらリーグ・アンの2006-2007シーズンアシストランキング3位だった松井大輔ぐらいだろう乾以前は
いまだ現役で今年8月にポーランド2部のオードラ・オポーレに移籍

22 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:15:50.06 ID:dsp08F2A0.net[1/6]

この前の三人抜きは、カットインしたスピードに尽きると思う。
あれが予想以上に早かったからボアテングがターンできず、味方を妨害、まとめて二人抜きに繋がった。
3人目の右足だけのダブルタッチは昔からよく見たプレー。抜いた跡、間髪入れずに左に出せたのも良かったわ。

30 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:18:38.12 ID:dsp08F2A0.net[2/6]

>>22
大事な事書き忘れた。
だから、元々持ってた技術じゃなくてドイツで身につけた最初のスピードが肝だったということ。

26 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:16:49.25 ID:Djb2Pf6n0.net

何でJだと身体でぶつからないんだ
国内でもそうやればレベル上がるだろ

32 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:18:50.72 ID:5CwrVf470.net[6/33]

>>26
Jリーグだと身体能力が同じぐらいだから
ぶつかりに行ってもドリブルでかわされる
あと基本的にディレイで遅らせて周りの選手が戻ってきて守るのがJリーグのやり方
ケーヒルにそれでボコられた

37 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:20:55.27 ID:0dz485Rh0.net[5/6]

>>26
>>32
言われ続けてることだけど、Jはすぐに笛が鳴る

48 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:25:19.29 ID:E+dmS+7p0.net

>>32
だから世界レベルのドリブラー相手だとDFがゴールまでエスコートしちゃうんだよなw

266 :名無しさん@恐縮です:2017/10/05(木) 09:01:17.09 ID:1JI5g1qi0.net

>>32
Jだとぶつかりに行ったら反則だからw

33 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:19:06.73 ID:0dz485Rh0.net[4/6]

最後バイヤンが決めたやつじゃなくみんな原口見てるのが凄いな

42 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:22:59.07 ID:RKft4oJQ0.net[1/2]

>>33
マジでメッシの軌道だわ

40 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:22:32.84 ID:5CwrVf470.net[7/33]

あの場面はシュートを打たれると不味いというDFにとっては物凄く不利な状況だと
全く理解してないアホの多さよ

あのときのDFのファーストプライオリティ(最優先)

1 シュートを打たせない
2 FWにパスを出させない
3 ドリブルをさせない

この状況だから、原口はシュートを匂わせる動きをして
上手くすり抜けることができただけのこと

こんなの持ち上げるアホの多さに日本のサッカーファンの
レベルは本当に全然上がらないのが良くわかる

52 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:26:28.20 ID:0dz485Rh0.net[6/6]

>>40
そのDFのプライオリティを理解してドリブルで仕掛けたなら十分凄いわ
難しいとこに突っ込んでくのはただのバカ

53 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:26:29.33 ID:QUnAX5Jm0.net[2/4]

>>40
こいつ頭おかしいのか?
ペナルティエリア内でドリブルするって事は
そういう事だろw
原口固有の話じゃねーぞw

80 :名無しさん@恐縮です:2017/10/04(水) 20:38:04.03 ID:dsp08F2A0.net[3/6]

>>40
そんなプライオリティ誰でも理解してるわ。

その上で、あそこで横ドリ決めるのがメッシとかだったりするわけで他のやつにはなかなかできないわけだ。カットインのスピードは今回間違いなくワールドクラスだわ。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加