【動画】ハイチ戦で終了間際に香川真司がゴール!酒井高徳のシュートのコースを変える!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ハイチ戦で試合終了間際に香川真司がゴールを決めて日本代表が執念で引き分けに持ち込む!

 ロシア・ワールドカップ本大会へ向けての日本代表サバイバルとなった2017年10月10日の国際親善試合ハイチ戦は、前半にMF倉田秋(ガンバ大阪)のゴールなどで2点を先制しながら、そこから3点を奪われて一度は逆転を許した。しかし、試合終了間際にMF香川真司(ドルトムント)が意地の同点ゴールで3-3の引き分けに持ち込んだ。

敗色濃厚となった試合終了間際、日本は原口から車屋へのパスで左サイドを切り崩すと、中央へのグラウンダーのボールがファーサイドまで流れたところに攻撃参加したDF酒井高徳が左足シュート。それを最初のクロスに飛び込んでゴール前に倒れていた香川が寝たまま足でコースを変えてゴールへ流し込み、土壇場で同点に追いついて3-3で引き分けた。

 日本は前半からオーバーペースで入った感があるにせよ、2点リードから1度は逆転を許す拙い試合運びとなった。しかし、最後に背番号10が意地を見せる形で何とか引き分けに持ち込んだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171010-00010024-soccermzw-socc

シリアvs香川真司ゴール動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

関連コンテンツ
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク