マインツのハイデルSD「岡崎の欠場は痛手」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

hqdefault

シーズン後半戦のスタートに向けてブンデスリーガ公式サイトは岡崎慎司が所属するマインツのハイデルSDのインタビューを掲載しており、現在のチームの状況や岡崎慎司について語っている。

シーズン前半戦のマインツはクラブ新記録となる8戦無敗と最高のスタートを切ったが、徐々にチームが不振に陥ると9戦勝利なしと順位を大きく下げてしまうなど安定した戦いができていないが、ハイデルSDはマインツにとって「毎シーズン終了時に残留すれば、われわれにとっては大成功と言えます。それ以外の目標を掲げる人はブンデスリーガをよく知らないのでしょうね。」と話した。

mo5-heidel-nah-profil-628

以下、ハイデルSDインタビュー

スポンサーリンク

ー前半戦の戦いぶりと後半戦に向けて今現在の状況は?
見方は大きくは変わっていません。もちろん、特に前半戦の後半を細かく分析しましたし、多くのけが人の穴を埋めることが難しかったと思います。しかし、マインツぐらいのレベルのチームにとってはよくあることです。今のところ気持ち的には9~10チームが残留争いの渦中にあるような感じですね。後半戦の戦いはとても緊張感のある、そして危険なものになることは、われわれもよく分かっています。ただ、私を楽観的にさせてくれるのは、後半戦は前半戦終盤とはまったく異なるチームを作り上げられるということです。負傷者も全員戻ってきますし、ピエール・ベングトソンとクリスティアン・クレメンスはうちにとって非常に大切な新加入選手です。さらに岡崎も帰ってくる。

Hannover 96 v 1. FSV Mainz 05 - Bundesliga

ー岡崎がケガを負ったことについて
そのことについては本当にハッピーではありませんね。岡崎の欠場は痛手になります。彼がアジアカップに出場しての負傷、もしくは出場停止で欠場しても違いはない。残念ではあるがケガを負っていようが、とにかくシンジはマインツに戻ってくる。後半戦開幕節のパーダーボルン戦に出られるかもしれない望みはある。

ー岡崎慎司の代役は経済的にも獲得は難しい?
われわれが岡崎クラスのFWをベンチに座らせるために獲得すると信じている人のことは理解できませんよ。経済的、サッカー的にも可能ならば実行するかもしれない。でも、そのようなクオリティーを持った選手はマインツでベンチに座ることを受け入れないでしょう。バイエルンやドルトムント、シャルケではそういったやり方も機能するかもしれませんが、マインツでは違います。そのリスクを負わなくてはならないんです。それに、今までチームにそれぞれ15得点を挙げられるFWが2人もいたことはありませんからね。

スポンサーリンク

最新ニュース トップページ>>

人気記事
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク