【動画】ベンフィカで最年少記録のGKスヴィラールがマンU戦で痛恨の判断ミスから失点!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

マンU戦で18歳52日のCL史上最年少スタメンGK記録のスヴィラールが判断ミスから決勝ゴールを許す!

 ポルトガル1部ベンフィカに所属するGKミラ・スヴィラ―ルが新記録を打ち立てた。

 現地時間2017年10月18日にチャンピオンズリーグ(CL)グループステージ第3節の試合が行われ、ベンフィカはホームでマンチェスター・ユナイテッドと対戦した。試合はベンフィカが0対1で敗れた。

 この試合でスヴィラ―ルは18歳52日で先発出場を果たし、GKとしてCL史上最年少スタメン記録を作った。なお以前の記録はポルトに所属する元スペイン代表GKイケル・カシージャスの18歳118日だった。

 試合はユナイテッド相手に試合開始から無失点を続けていたが65分に自らの判断ミスで直接FKから失点してしまう。

 結局このゴールがこの日唯一の失点となってしまいチームは敗戦した。スヴィラ―ルにとって記念すべき試合になったが、同時に苦い思い出として残る試合にもなった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171019-00236621-footballc-socc

スヴィラ―ルの判断ミスからマンUのラッシュフォードがゴールを決める動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加