【動画】ジェノア戦でミランのボヌッチが肘打ちでビデオ判定から一発レッドで退場処分!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ミランのボヌッチがジェノア戦でビデオ判定の結果一発レッドの退場処分に!

イタリア・セリエAは2017年10月22日に第9節が行われ、ミランはジェノアと対戦した。

現在リーグ戦3連敗、公式戦では3試合勝利のないミラン。ヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の解任説も囁かれる中、絶対に勝利が欲しいホームでの一戦は3-4-3を採用した。一方17位と低迷するジェノアでは、注目の16歳FWピエトロ・ペッレグリはベンチからのスタートとなった。

試合序盤からミランは何度か相手ゴールに近づくなど、まずまずの入りを見せる。

しかし25分、思わぬアクシデントが襲いかかる。競り合いの中で、ボヌッチが肘を振ったとしてファールを取られると、ビデオ判定の末、主審はこれが意図的だと判断してレッドカードを提示。前半の早い段階でミランは主将を失い、数的不利に陥る。モンテッラ監督は、チャルハノールに変えてロマニョーリを投入し、4-4-1にフォーメーションを変更した。

その後も思うようにチャンスを作れないミランは、逆にピンチを迎える場面も。GKドンナルンマの好守もありつつ、前半はスコアレスで折り返す。

後半に入っても波に乗れないミランは、ゴール前に近づくのに苦労する展開に。逆に、昨季まで所属していたベルトラッチに決定機を作られる。これは枠をそれて事なきを得たが、ホームの観客の前で良いプレーを見せることができない。

65分にカウンターからケシエがドリブルで持っていき、シュートを放つもこれはサイドネットに。67分に交代となったボナベントゥーラが不満げな表情を見せるなど、チームの雰囲気も悪く、停滞感が募っていく。

84分には最後の交代カードを使い切って、カリニッチに変えて今季結果を残している19歳のクトローネを投入。数的不利の中、なんとか1点を取りに行く。

終盤にはスソが奮闘するも、結局ゴールは奪えず。ミランはスコアレスドローに終わり、公式戦4試合勝ち無しとなった。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171022-00000032-goal-socc

ジェノアvsボヌッチ一発退場動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加