【タッチ集動画】レアル戦にフル出場の乾貴士に地元紙が高評価「PKを奪いかけた!」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

レアルマドリー相手に奮闘した乾貴士にエイバルの地元紙が高評価!

 エイバルの日本代表MF乾貴士は、現地時間2017年10月22日に行われたリーガ・エスパニョーラ第9節レアル・マドリード戦に先発フル出場した。チームは世界的ビッグクラブ相手に0-3の完敗を喫したものの、乾は突破を仕掛けるなど奮闘。地元紙からも高い評価を受けている。

 敵地サンチャゴ・ベルナベウに乗り込んだエイバルだったが、序盤から押され気味の展開となると、前半18分にオウンゴールで先制を許す。その10分後には、絶好調のMFイスコのラストパスからMFマルコ・アセンシオがダイレクトシュート。スペインの有望若手コンビの崩しによって追加点を奪われ、苦しい立場に立たされた。

 それでも2列目左サイドに入った乾は攻守に奮闘。特にレアルを慌てさせたのは後半9分だった。左サイドでボールを受けてから幅広く動き回ってシュートを放ったかと思えば、その直後にはクロスのこぼれ球に反応。エリア内でMFカゼミーロに倒されたかに見えたがPKの判定は下らなかった。

 試合はその後、マルセロのゴールでレアルの完勝に終わった。マドリードを基幹とする「マルカ」紙は「今季ベルナベウで成績を残せていなかったチャンピオンが、その機能性を取り戻した」とホームチームの勝利を称えた。

 また乾に関しては「カゼミーロがイヌイのプレーに対してペナルティーになりかけた」と疑惑の場面に言及。乾自身の採点は、三つ星満点中、二つ星を受けている。これは両チームで見てもアセンシオやイスコ、DFセルヒオ・ラモスと同評価で、相手エースFWクリスティアーノ・ロナウドが一つ星で終わったことを考えれば高評価だ。

 乾は試合前、ジネディーヌ・ジダン監督から名指しでそのテクニックを評価されるなど、今回の試合のキーマンとして見られていた。ゴール、アシストという明確な結果こそ残せなかったものの、ピッチ上で存在感を示した。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171023-00010003-soccermzw-socc

レアルマドリーvs乾貴士タッチ集動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加