【タッチ集動画】パチューカの本田圭佑が決めたゴールに「ケイスケがトドメを刺した」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

サントスラグナ戦で2戦連発のパチューカの本田圭佑に高評価!

移籍後初の公式戦2戦連発、ダイレクトパスから決めた美弾、地元メディアも称賛続々
 サッカー・メキシコリーグ1部、パチューカの日本代表FW本田圭佑は2017年10月29日(日本時間30日)のサントス・ラグーナ戦で芸術的なゴールで移籍後初の公式戦2戦連発。ダイレクトパスから相手GKを嘲笑うように決めた「美しき流線」弾をリーグ公式ツイッターも動画付きで紹介し、地元メディアは「最高のコンビネーション」「ケイスケ・ホンダがトドメを刺した」と称賛している。

 1-0でリードした前半41分だった。突破した右サイドからグラウンダーのクロス。これをエリア内中央のFWハラがダイレクトで落とし、この時、走り込んできたのが背番号2だった。エリア境界線のやや右サイドから、そのまま左足でコンタクト。そして、放たれたシュートは美しい軌道を描く。

 インサイドで放ったシュートに対し、コースを読んだGKは飛び込んだ。しかし、相手を嘲笑って巻くようにカーブを描き、ボールはファーサイドのネットを揺らした。歓喜のゴールを決め、仲間を何度も指差し、感情を爆発させた本田。雄たけびを上げ、移籍後初の2戦連発に酔いしれた。

現地メディアも称賛「最高のコンビネーション」「冷静なケイスケがトドメ刺した」
 一連の模様をリーグ公式ツイッターは動画で紹介。映像を見ると、右サイドからのクロスの時点で、3人目の動き出しでエリアに侵入。抜群のタイミングでパスを受け、インサイドで狙いすましてカーブを描き、ネットを揺らしているのが見て取れる。

「美しき流線」弾は早くも現地メディアの注目の的となった。サッカー専門誌「Univision Deportes」は「最高のコンビネーションから日本人から期待を向けられる冷静なケイスケ・ホンダがトドメを刺した」、情報誌「El Siglo de Torreon」は「ホンダの左足でボールを保持すると、ゴール右隅のポストを狙いすまし、きっちりと掴み取った」と続々と称賛を受けている。

 試合は2-2で引き分けで勝ち点1に終わったが、2試合連続ゴールでギアを上げてきた本田。動きのキレ、シュートの決定力をとっても、調子が上向いていることは明らか。ワールドカップ(W杯)ロシア大会が控える日本代表にとっても、この男の復調は何よりの朗報となりそうだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171030-00010004-theanswer-socc

サントスラグナvs本田圭佑タッチ集動画

スポンサーリンク

ツイッターの反応

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加