まるでクラブのW杯!南アフリカ下部リーグのチーム名がすごい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

no-image[1]

記事元Qoly

アフリカネイションズカップ2015では面白いサッカーをしながらも敗退してしまった南アフリカ代表だが国内リーグの規模はアフリカ随一だ。

アフリカ南部の代表選手が多く在籍し少数ながらも欧州や南米からも選手がプレーしている。2013年までアヤックス・ケープタウンに在籍した元オランダ代表GKサンデル・ウェステルフェルトもその1人だ。

プレミアシップ(1部)と比較して2部以下は煩雑としており、2011年から2部リーグがようやく1つになった。それまでは地域別に別れておりインランドとコースタルの2つ、3部になるとそれぞれが約5つに分かれるという大規模な地域リーグが行われていた。

しかし、そこはアフリカ、チーム名がただでは転ばなかった!今回は南アフリカのクラブチームを紹介しよう。

[レアル・マドリー]
一発目から強烈だが、スペインのあのチームとは一切関係がない。元々はイポゲング・スターズという名前だったが、1989年にお偉いさんが大ファンだというあのチームに改名・・それが許されてしまう懐の深さはさすがアフリカ、ビッグすぎるぜ!!

[マンチェスター・ユナイテッド]
ベッカムやルーニーがいるわけではない。しかし、決して裏世界に迷い込んだわけではない。

[サントス]
ネイマールやペレが過ごしたあのチームではない。元々はライトボディズ・サントスという名前だったが、改名し短くなった。近年は2部リーグに低迷するが、国内リーグ7回を誇る。今シーズンは元ガーナ代表DFジョン・ペイントシルが在籍。

[ブラックバーン・ローヴァーズ]
アラン・シアラーを擁してプレミアリーグを制したあのチームとは一切関係がない。ホームタウンはイースト・ロンドン、一見イギリスの首都にように見えるが一切関係がない。

[ホットスパーズ]
ギャレス・ベイルがいたあのチームのスペルミスではない。ちなみにクラブ名を改名し、マッタ・ミランになった。ちょ・・ちょっと待った・・。

[アフリカン・ユヴェントス]
決してジダンやネドヴェドがいたあのチームではない。むしろ、「アフリカの」とついているだけ良心的なんじゃないだろうか。

[レアル・バルセロナ]
まるでベジータと孫悟空によるフュージョン、究極の合体が南アフリカで行われていたとは私のチェック不足だ・・・。

[ブラジル]
クラブチームだけではあきたらなくなったのだろう。確かにサッカーゲームでクラブチームばかり使っているとたまに代表チームを使いたくなるよね!

ちなみにこれ以外にも「リヴァプールBTX」「ミラン・ユナイテッド」「レンジャーズ」「フリーステート・アーセナル」「ACミラン」「ベンフィカ」・・・どこかで見た様なチーム名がうようよしているのだ。

想像して欲しい。我々の知らない土地で毎週、レアル・マドリー対マンチェスター・ユナイテッド、ブラジル対サントスといったカードが組まれている事実を。

サッカーの世界は誰にでも平等にチャンスがある。1つ2つ昇格していけばこれらのチームが1部リーグに揃い踏みをすることだって十分に可能だ。さもすれば、優勝チームはアフリカ・チャンピオンズリーグに出場することもできるのである。

20XX年、”地球一”の称号をかけた戦いは、レアル・マドリーVSレアル・マドリー・・・そんな日が来ることも決して夢物語ではない。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加