ハノーファーSDが酒井宏樹について「意欲に欠けたパスミスで試合の流れが変わった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

hsv_h96_sakai_einwurf_920[1]

第20節ハノーファーはハンブルガーSVと対戦し1-2で敗戦。酒井宏樹は前半45分のみの出場となっている。

ハノーファーのドゥフナーSDがこの試合の酒井宏樹のパフォーマンスについて「意欲に欠けたパスミスをおかし、それにより試合が変わってしまった。」と厳しいコメントを残している。

これまでハノーファーの右SBは酒井宏樹に頼りきっており、ライバルがいなかったこともあり、決して満足のいくパフォーマンスを見せることができていなかったとしてもスタメンで出場していた。

しかし、前節のハンブルガーSV戦で酒井宏樹に代わって途中出場したぺレイラがアピールに成功。次節のパーダーボルン戦でぺレイラが先発出場する可能性が高まっている。

ドゥフナーSDもハンブルガーSV戦のぺレイラについて「彼の経験、そしてセンタリングを見ただろう。確実に好影響を及ぼしてくれるよ。」と高く評価。

キッカー紙ではパーダーボルン戦の先発予想で酒井宏樹をベンチスタートと予想しており、ぺレイラについては「バレンシアでは様々な理由で出場機会に恵まれなかった。そのため実戦経験に不安はあるものの、ハンブルク戦では酒井がアピールに失敗しており、チャンスを活かしたポルトガル代表が今節先発する可能性はある。」と説明している。

スポンサーリンク

人気記事
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク