CLラウンド16 アウェーゴールでチェルシーはパリ・サンジェルマンとドロー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

2210580_w2[1]

17日に行われたチャンピオンズリーグ決勝トーナメント第1戦でパリ・サンジェルマンがホームでチェルシーと対戦した。

負傷者が続出しているパリ・サンジェルマンは、古巣との試合となったダビド・ルイスを中盤で起用。チェルシーはオスカルがベンチスタートとなり、ラミレスが先発出場している。

試合は36分、チェルシーがイバノビッチのゴールで先制するが、ホームのパリ・サンジェルマンが54分にクロスボールをカバーニが頭で合わせて同点に追いつき1-1のドローで終えた。

アウェーゴールを奪いパリ・サンジェルマンと引き分けた結果について、試合後チェルシーのモウリーニョ監督は「負ける可能性もあった。結果はポジティブだ。非常に良いとは言えないが、セカンドレグの結果次第だからね。ただ私は非常に優れた相手にポジティブな結果を手にしたと言うことができる。」とコメントしている。

両チームは昨年の準々決勝でも対戦し、前回ははチェルシーが敵地フランスでパリ・サンジェルマンに敗れたものの、アウェーゴール差で勝ち抜けている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加