マインツ岡崎慎司 VS フランクフルト乾貴士 ライン・マインダービー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

okazakivsinui[1]

岡崎慎司が所属するマインツと長谷部誠、乾貴士が所属するフランクフルトがブンデスリーガ第22節で対戦。長谷部は累積警告のため出場停止となっている。

マインツとフランクフルトは約40kmという近距離に位置し、両チームの対戦はマインツに流れるライン川とフランクフルトに流れるマイン川の名前から「ライン・マインダービー」と呼ばれている。

ライン・マインダービーのこれまでの通算対戦成績は3勝7分3敗と両チームが譲らず五分となっており、14試合目となる今回のダービーマッチでどちらのチームが勝ち越すか注目を集めている。

m05_look_mschmidt_628[1]

マインツは17日にヒュルマンド監督を成績不振の理由で解任し、シュミット新監督が初采配を振う。開幕から8連勝と勢いに乗ったマインツは岡崎慎司も得点ランクトップに立つなど旋風を巻き起こしたが、その後失速。後半戦の初戦では10試合ぶりの勝利を挙げるも直近3試合で1分2敗と苦しみ順位も14位まで下げている。

シュミット新監督は「ブンデスリーガのチームを率いることができるのは自分にとって大きな前進を意味する。トップチームやコーチ陣のことはよく知っており、準備はできているので一からのスタートになるとは思っていない。」と意気込みを語っている。

一方、フランクフルトは前節のシャルケ戦で6試合ぶりの勝利を挙げ再スタートを切りたいところだが、安定のパフォーマンスを披露している長谷部がシャルケ戦でチュポモティングに対してファウルを犯し、累積警告のため出場停止となっている。

乾は前節のシャルケ戦でベンチ入りするも出場機会はなかったが、ブンデス公式サイトでは「今節では奮闘する姿に期待したい」と乾について掲載している。

さらに、ブンデス公式サイトではライン・マインダービーにおいて「岡崎対乾の日本人対決が実現濃厚」とし、この2選手のデータを徹底比較している。

キッカー紙の予想先発でも岡崎、乾はともに先発予想となっており、両選手の活躍に期待が集まっている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加