マルコ・ロイス ドルトムントでのブンデス制覇が目標

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

d38876a9[1]

ドルトムントと2019年まで契約を延長したマルコ・ロイスが、ドルトムントでのブンデス制覇を目標としていると明かしている。

ロイスは「ブンデス制覇が大きな目的であって変わることはない。この街でどういうことが起こるのかを経験したいんだ。」と語った。

さらに、ブンデス制覇に向けて「そのために僕は全力を尽くすよ。いつか僕たちならそれを掴むことができる。僕はそうとても強く感じるんだ。」とコメントしている。

現在3連勝と降格圏を脱出し13位まで順位を上げているチームについては「ドルトムントは危機的状況にあっても、チームの内外で冷静さをうしなうことなく落ち着いていた。それがこのクラブの強さを示していると思う。ここでは誰も苛立ちをぶちまけたり、チームを間違った方向に向けるような言葉を口にすることはなかった。ドルトムントは現実を見失うことがなかった。」と称賛している。

レアル・マドリーからのオファーを断った理由についてロイスは「僕が決断したのはドルトムントが僕にとってベストだと考えたからだ。ドルトムントは僕の故郷であり、ここには僕の家族や友人が暮らしている。人生はサッカーだけではないということ。」と説明した。

「アーレンやボルシアMGでも同じだった。自由を感じることができれば、自分のパフォーマンスを一番引き出せる。今はドルトムントでそういう気持ちなんだ。自由だと感じている。」とドルトムントでの居心地の良さも語っている。

ドルトムントとの契約延長が「人生の決断」と話していたロイスは「そうじゃなかったら2019年まで延長していない。現在の僕の視点からはそうじゃないケースを考える理由がないんだ。」と今後もドルトムントでプレーすることが自分にとって重要なことだと話した。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加