チェルシーの胸スポンサーに横浜ゴム 73億円超えの大型契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

yokohama_tyre_chelsea_Uniform[1]

イングランド・プレミアリーグに所属するチェルシーは27日、横浜ゴム株式会社と公式ユニフォームパートナー契約に合意したと発表した。

現在チェルシーの胸スポンサーは韓国企業のサムスンとなっているが、来シーズンからは日本企業の横浜ゴムに変わることとなった。

公式サイトによると、横浜ゴムとの契約は2015-16シーズンからの5年契約になると発表しており、イギリス紙「ガーディアン」は年間4000万ポンド(約73億5600万円)の契約になるとしている。

この金額は英国歴代2番目の大型契約となり、今シーズンからマンチェスター・ユナイテッドの胸スポンサーとなっている「シボレー」に次ぐ契約だと説明しており、10年に渡って契約していたサムスンが1800万ポンド(約33億円)だったことから、横浜ゴムとの契約はサムスンとの契約の2倍以上の金額になった。

今回の契約について公式サイトはバック氏のコメントを掲載し「この度、横浜ゴム株式会社をチェルシーの公式ユニフォームパートナーとして迎え入れる運びとなり、本当に喜ばしく感じております。今後、素晴らしい関係が築けることを楽しみにしています。チェルシー、そして横浜ゴム株式会社は完璧な関係を築いていけると感じています。ともにパフォーマンス、革新性において世界を見据え、確固とした成功への思いがあります。」

「横浜ゴム株式会社が今後、チェルシーの国際的な活躍を支えてくれると確信しています。例えばアメリカにおいても、すでに横浜ゴム株式会社は何年もの実績があります。また横浜ゴム株式会社という日本の歴史ある企業とのコラボレーションにより、現地でのチェルシーの貢献にも期待しています。」と伝えている。

これまで契約していたサムスンについても公式サイトでは「またサムスンには2005年から大変お世話になりました。チェルシーはこの10年間のパートナーシップを通じ、国際的な成長を遂げることができました。今後、横浜ゴム株式会社と同様に素晴らしい関係が築けることを期待しています。」とバック氏のコメントを掲載した。

また、横浜ゴム株式会社代表取締役会長の南雲忠信氏は、「世界的な知名度を誇るチェルシーとのパートナーシップ契約を締結できたことは、世界中のファンに横浜ゴムをお見せする絶好の機会です。来夏に横浜ゴムの名前が描かれたチェルシーの新しいユニフォームを見ることを楽しみにしています。」とコメントしている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加