【動画】ハノーファー清武がバイエルン相手に先制ゴールも敗戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

h96_fcb_alonso_torjubel_kollegen_628

7日のブンデスリーガ第24節でハノーファーはホームでバイエルンと対戦した。

ヘーヴェデスが出場停止となり、清武弘嗣が先発出場を果たしている。

前半25分、清武はゴール正面でパスを受けるとエリア内にドリブルで侵入し、右足を振り抜きバイエルン相手にゴールを奪い、ハノーファーが先制したが、28分にシャビ・アロンソがFKを直接決めバイエルンが同点に追いつき、前半を1−1で折り返した。

後半はバイエルンが完全にペースを掴むと、ハノーファーのマルセロがエリア内でレヴァンドフスキに対してファウルをとられPKを献上。これをミュラーが決めバイエルンが逆転に成功する。

72分にもリベリーのマイナスのクロスをミュラーが頭で合わせ3−1と試合を決めた。

清武は9試合ぶりの今シーズン4ゴール目を挙げ、先発フル出場を果たしている。

i_h96_fcb_kiyotake_torjubel_920[1]

【清武弘嗣:試合後コメント】

ー先制ゴールについて
トラップが良かったです。絶対に相手は股を開くから狙いました。でもゴールで喜んでいる場合ではないです。チームが勝てていないので。勝ち点が欲しいです。

ーバイエルンについて
本当に強かったです。今日はカウンター狙いでしたけど、それもさせてくれませんでした。ボールが取れなかったです。

ー3試合ぶりの先発出場について
前の試合から調子は良かったので、今日もチャンスはあると思っていました。

ー次節以降について
年に2試合しかバイエルンとできないですが、代表クラスの選手とやれるというのはすごく刺激的でした。勝てなかったのは残念ですけど、次の試合に向けていい準備をしてやっていきたいと思います。

【清武弘嗣:採点・寸評・スタッツ】

sportal.de採点:2.5
寸評:ハノーファーのベストプレーヤーは清武だった。先制点に加え、序盤にはシュルツへのクロスがあり、度々チームの負担を軽減した。後半開始早々には、ラフィーニャ相手に一見の価値があるドリブルを仕掛けた。

シュート数:1
アシスト性のパス:1
走行距離:11.81km
タッチ数:32
対人勝率:33%
パス成功率:75%



【清武弘嗣:先制ゴール動画】

【シャビ・アロンソ:FKゴール動画】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加