【動画】ブンデス公式MOM選出 マインツ岡崎のゴールでボルシアMGとドロー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 18

スポンサーリンク

FBL-GER-BUNDESLIGA-MAINZ-MOENCHENGLADBACH

7日に行われたブンデスリーガ第24節で岡崎慎司の所属するマインツはホームでボルシアMGと対戦。岡崎慎司は1トップで先発出場している。

試合は27分、右サイドでボールを受けたトラオレのピンポイントクロスにラファエルが頭で合わせてボルシアMGが先制ゴールを奪う。

対するマインツも30分に右サイドで岡崎がセットプレーのチャンスを獲得すると、ガイスが入れたボールに岡崎が頭で合わせたが、クロスバーに直撃し惜しくもゴールとはならなかった。

その後も両チームチャンスを作るが得点はならず、ボルシアMGが1点リードし前半を終える。

後半に入りアファエルの2ゴール目で、リードを広げたボルシアMGだったが、72分にマインツはFKをガイスが直接決め1点を返すと、77分にはスローインからベルの折り返しに最後は岡崎が頭で押し込み同点に追いつく。

試合は終盤、マインツが猛攻を仕掛けたが逆転ゴールは生まれず、2−2のドローで終えた。

岡崎は昨年12月7日のハンブルガーSV戦以来10試合ぶりとなる今季9点目を挙げた。

ブンデス公式サイトは岡崎をこの試合のMOMに選出し「彼は2015年最初の得点を挙げた。3本のシュートを放ち、スプリント数は他の選手を大きく上回る46回を記録した」と評価している。

i-m05-bmg-okazaki-ausgleich-920-517.variant628x353

【シュミット監督:試合後コメント】

すごい試合だった。0-2で負けていたのに勝ち点1は良いことだ。それよりもチームが自分たちを信じてプレーできたことはもっとずっと大事なことだ。

劇的な試合をして相手を嫌がらせる。うまく行き始めたときに先制点を取られてびっくりした。岡崎が2点目を決めたのはまさしく今日の試合運びにふさわしいものだった。

【岡崎慎司:スタッツ】

キッカー紙採点:2.5

シュート数:3
アシスト性のパス:1
走行距離:11.50km
タッチ数:36
対人勝率:44%
パス成功率:79%



【岡崎慎司:ゴール動画】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加