【動画】ザルツブルク南野2点目演出もチームは終盤に失点し敗戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 19

スポンサーリンク

21日に行われたオーストリア・ブンデスリーガ第26節で南野拓実が所属するザルツブルクはアウェーでヴォルフスベルガーと対戦し、南野は4試合連続で先発出場している。

試合は8分、左サイドからのクロスにハコボ・インクランが頭で合わせてヴォルフスベルガーが先制に成功するが、ザルツブルクも26分にセットプレーのチャンスを獲得。ジョナタン・ソリアーノが直接狙うと、壁に当たってコースが変わりゴールの吸い込まれた。

さらに、41分にも右サイドで起点となった南野のパスから、最後は再びジョナタン・ソリアーノがゴールを奪い、ザルツブルクが2−1と逆転に成功する。

しかし、前半終了間際に左サイドからのクロスにシウヴィオが頭で決め同点。2−2で前半を折り返す。

後半は両チームともにチャンスを活かすことができず、南野もクロスから得点を狙うなど積極性をみせたがゴールは奪えない。拮抗した試合に決着をつけたのは試合終了間際のアディショナルタイム。DFラインの裏へ抜け出したマヌエル・ケルヘが決勝ゴールを決め、ホームのヴォルフスベルガーが3−2で勝利した。

【南野拓実ゴール起点動画】

【南野拓実タッチ集動画】

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加