【動画】バイエルンのラームが元同僚の宇佐美貴史を絶賛!当時のプレーや評価とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

元バイエルン同僚のラームが宇佐美貴史について語る!

今月24日発売の『サッカーゲームキング』のインタビューで、バイエルンに所属するフィリップ・ラームが元同僚も宇佐美やブンデスリーガでプレーする日本人選手に対する印象を語った。

今では多くの日本人選手がプレーするブンデスリーガだが、ラームは「選手に注目する際、国籍を意識することはない」という。

「選手個人のクオリティのほうが大切だ。だから『日本人はこうだから』なんてことも言いたくない。僕の日本に関する知識なんてたかが知れているからね。日本人全体を、僕の小さな物差しでは計れないよ」

あくまで選手個人のクオリティが重要だと主張するラームは「ただ」と付け加え、「宇佐美(貴史)についてだけは言いたいことがあるんだ」と続けた。宇佐美は、2011年7月にバイエルンに加入。ラームは、当時19歳の若さで入団した宇佐美について「彼はあまりに若く、経験が少ないままバイエルンに加入してしまった」と振り返り「でも、間違いなくものすごい才能の持ち主だったよ」と同選手の能力を高く評価した。

また、シャルケに所属する日本代表DF内田篤人に関しては、「マッチアップすることもあるから彼のことはよく知っている」と話す。

ラームは「疲れを知らないランニングと諦めない守備でチームに貢献している選手だ。学習能力も高い。ポテンシャルがあって、もっと成長すると思う」とコメント。内田が将来性を感じさせる選手であると語った。

上記「SOCCER KING」記事引用

バイエルン宇佐美貴史の当時の評価とは?

Jリーグ復帰後の活躍や日本代表への定着でハリルホジッチ監督も高く評価する宇佐美貴史に再びドイツを中心とした欧州クラブが関心を抱いている。再び海外挑戦のためにガンバ大阪から移籍する可能性はあるのか?

19歳で宇佐美貴史がバイエルンへと移籍を果たした加入当時のプレーや評価はどのようなものだったのか、振り返ってみたい。

【正式契約後:ハインケス監督コメント】
「彼は若く、活気があり、学ぶ意欲を持っている。それにキャラクターも魅力的だよ。非常に良い若者で、とても真面目だね。彼にとって、ここではすべてが新しいことだ。間違いなく、ここに慣れる時間が必要になる。」

【マインツ戦でデビューを果たした宇佐美についてラームのコメント】
「彼の技術、ドリブルスキルの高さは誰の目にも明らかだね。彼はウィンガーに必要なものをすべて持っている。」

マインツvs宇佐美貴史プレー動画

【ドイツ語の勉強をする宇佐美についてペテルセンのコメント】
「どこにでも小さな翻訳ノートを片手にする彼をみかけている。ひとつひとつサッカーの単語を取り入れようとしている。好奇心が強く、早くたくさんのことを学ぼうとトライしている。」

スポンサーリンク

【アウディカップ決勝バルセロナ戦:スペイン紙評価】
スポルト紙:バイエルンはカウンターから、宇佐美のスピードある鋭利なプレーを生かした。若き日本人のスパイクから、バイエルンにとって最大のチャンスが生みだされた。

ムンド・デポルティボ紙:バイエルンの守備から攻撃への移行はスムーズだった。特に中盤の日本人選手、宇佐美はサイドで素晴らしいスピードを見せた。

宇佐美は、この試合で2得点を挙げMVPに選出されたチアゴ・アルカンタラからユニフォーム交換を求められた。(動画の最後の場面)

アウディカップ決勝バルセロナvs宇佐美貴史プレー動画

【ヴォルフスブルク戦で公式戦デビューも途中出場途中交代】
宇佐美は0-0の69分から出場したが、1点リードとなった後半アディショナルタイムに途中交代している。

【当時ヴォルフスブルク在籍の長谷部誠のコメント】
「難しい局面で使われるというのは、練習で認められているということ。気落ちすることはない。」

【バイエルン移籍後初ゴール】
ドイツカップ2回戦で73分から途中出場した宇佐美は、試合終了間際の90分にオリッチとのワンツーからDFを交わし右足でゴールを奪った。

【試合後:ハインケス監督コメント】
「貴史には大きなタレントがあるよ。特別な才能を持つ、本能的なサッカー選手なんだ。リベリーやロッベン、シュヴァインシュタイガーのようにね。」

宇佐美貴史バイエルン初ゴール動画

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加