日本代表の背番号が決定!初招集の藤春は「4番が欲しいなんて絶対言えない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

spo1503240030-p1

27日のチュニジア戦、31日のウズベキスタン戦に向けて日本代表メンバーの背番号が発表された。

これまで長年に渡り遠藤保仁が着けてきた「7」は、同じボランチで期待がかかる柴崎岳に託される。

代表初招集の藤春廣輝は「27」となり、背番号について藤春は「何でもいいですと言いました。だって4番が欲しいなんて絶対言えないじゃないですか。いつも大物とかぶるんです、僕」と苦笑いだった。

「30」を着けることとなった宇佐美貴史は「39番か33番がよかったけど、30番までと言われたので。」とコメント。「3兄弟の3番目だったり、最初にもらった番号が33だったり、思い出すとキリがないけど、いいことが起きたときに「3」が関わっていることが多い。自然と「3」に愛着がわいて「3」が一番好き。」と希望通り「30」を手にした。

長友佑都の着けてきた「5」は、ハリル監督の判断で招集が見送られたこともあり、槙野智章が着けることとなった。

【GK】
1:川島永嗣(スタンダール・リエージュ)
26:東口順昭(ガンバ大阪)
12:西川周作(浦和レッズ)
23:権田修一(FC東京)

【DF】
25:水本裕貴(サンフレッチェ広島)
5:槙野智章(浦和レッズ)
6:森重真人(FC東京)
3:太田宏介(FC東京)
2:内田篤人(シャルケ)
22:吉田麻也(サウサンプトン)
27:藤春廣輝(ガンバ大阪)
24:酒井高徳(シュトゥットガルト)
21:酒井宏樹(ハノーファー)
19:昌子源(鹿島アントラーズ)

【MF】
15:今野泰幸(ガンバ大阪)
17:長谷部誠(フランクフルト)
28:青山敏弘(サンフレッチェ広島)
10:香川真司(ドルトムント)
13:清武弘嗣(ハノーファー)
7:柴崎岳(鹿島アントラーズ)
16:山口蛍(セレッソ大阪)

【FW】
9:岡崎慎司(マインツ)
4:本田圭佑(ミラン)
8:乾貴士(フランクフルト)
11:永井謙佑(名古屋グランパス)
20:川又堅碁(名古屋グランパス)
18:大迫勇也(ケルン)
30:宇佐美貴史(ガンバ大阪)
14:武藤嘉紀(FC東京)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加