【DFBポカール先発予想】クロップ監督「理想的な組み合わせとはとても言えない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

bvb_tsg_team_jubel_920

香川真司が所属するドルトムントは7日、DFBポカールの準々決勝でホッフェンハイムと対戦する。DFBポカールはドルトムントにとっては今シーズン唯一獲得できるチャンスのあるタイトルとなっている。

ドルトムントは現在リーグ戦で勝ち点33の10位に位置しており、残り7試合を全勝したとしてもバイエルンの勝ち点差を埋めることはできず、優勝争いから脱落している。

残されたタイトル獲得へ、まずは準々決勝のホッフェンハイム戦で確実に勝利を手にしたいドルトムントだが、クロップ監督は「非常に才能のあるチームで、理想的な組み合わせとはとても言えない。」と対戦相手を警戒。それでも「だが、彼らを倒すのが次の仕事だ。」と意気込みを語った。

今シーズンのドルトムントとホッフェンハイムの対戦は、ブンデスリーガ第14節でドルトムントが1−0で勝利している。この試合についてクロップ監督は「シーズン前半戦で、我々が良いプレーをみせた数少ない試合の1つだった。」と話している。

直近のホームゲーム2試合で得点のないドルトムントにおいて、クロップ監督も「心配はしていないが、気に掛けてはいる。」とコメント。シグナル・イドゥナ・パルクで行われるホッフェンハイムとの一戦でゴールを奪い、ベスト4進出を決めることができるか注目が集まる。

【キッカー紙:ドルトムント先発予想】

GK:バイデンフェラー
DF:ソクラテス、スボティッチ、フンメルス、シュメルツァー
MF:ベンダー、ギュンドアン、ブワシュチコフスキ、香川真司、ロイス
FW:オバメヤン

【キッカー紙:ホッフェンハイム先発予想】

GK:バウマン
DF:ベック、シュトローブル、ビチャクチッチ、キム・ジンス
MF:ルディ、シュヴェクラー、ポランスキ、フォラント、フィルミーノ
FW:シップロック

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加