ドルトムントがクロップ監督の解任を正式発表!「完璧な監督でないと感じる瞬間がついにやってきた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 17

CCojbfYVEAE1Io7

香川真司が所属するドルトムントは記者会見を開き、ユルゲン・クロップ監督の今シーズン限りでの解任を正式に発表した。

クロップ監督はヴァツケCEOに辞任を要望。ドルトムント側はこれを受け入れ、クロップ監督が率いたチームは7年で幕を閉じることとなった。なお後任候補には元マインツ指揮官トーマス・トゥヘル氏が浮上している。

【クロップ監督コメント】

自分がこの素晴らしいクラブにとって完璧な監督ではないと感じる瞬間が、ついにやって来たと感じる。この数日、数週間、自分が適切な人物か確信が持てなかった。この質問に肯定的な答えを出すことができなかった。

決断は間違いなく正しいものだと確信している。このチームは100%適切な監督に率いられるべきチームだ。

ー他クラブの監督就任について

疲れたということではない。イングランドなど他のクラブとの契約などない。だが、休暇の1年を取るつもりもない。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加