【動画】香川真司 オフサイドでゴール取り消しもすぐに決めなおす パーダーボルン戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

スポンサーリンク

bvb_scp_kagawa_torjubel_920[1]

パーダーボルン戦の78分、ドゥルムのシュートのこぼれ球を押し込んだ香川真司だったが、判定はオフサイド。悔しがる表情を見せたが、その1分後にミキタリアンのロングボールに抜け出した香川は冷静に胸でコントロールし、左足で流し込んだ。

3月21日のハノーファー戦以来のゴールを挙げた香川は「特にホームで今シーズンまだ2点目ですし、サポーターに対してもそうですけど、自分の結果に対しても悔しい気持ちが一杯なので、喜んでいる場合ではない。」と気を引き締めた。

監督交代については「新たな監督、環境の中でやれることになったので、しっかり切り替えてやっていきたい。」とコメントしている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加