【動画】岡崎の同僚ソトが大怪我!マインツGM「膝があるべき場所になかった。こんなのは見たことがない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

CEJku1lXIAAwEod

3日に行われたブンデスリーガ第31節で、岡崎慎司の同僚であるマインツのエルキン・ソトが左ひざに重症を負い、途中交代した。

ハンブルガーSV戦の32分に負傷交代したソトは、すぐに病院へと搬送された。マインツの発表よると、左ひざ十字じん帯及び関節内じん帯の断裂及び半月板の損傷だという。

34歳のソトにとって、選手生命にかかわる負傷となるか心配されるが、詳細についてはまだ明らかになっていない。

マインツのヨハンネス・ガイスは試合後「エルキーニョ(ソト)がケガをしてから、僕らは完全に集中が切れた。彼は何年も僕らのために頑張っていたのに、こんな別れ方になるとは。」と心境を語った。

さらに、クリスティアン・ハイデルGMも「ひざがあるべき場所になかった。こんなのは見たことがない。1年の契約延長を、もうサインしてもらってもかまわない。すぐにでもね。」と、今シーズンでマインツとの契約が満了となる同選手について、契約を延長する意向であることを口にしている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加