バルセロナ退団の久保建英くんがFC東京に入団 大金社長「特別扱いしない」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

FC東京は14日、バルセロナを退団した久保建英が15歳以下が所属するジュニアユースに加入したことを発表した。

久保は2011年にバルセロナの下部組織に加入し、世代別の大会で得点王になるなどの活躍をみせていたが、18歳未満の選手の移籍に関してバルセロナの違反が発覚。同選手は2014年から公式戦への出場が禁止されていた。

4月からFC東京の練習に参加している久保について、大金直樹社長は「特別扱いすることはなく、ほかの選手と同様に昇格していくことを期待したい。しっかりとして、自分の考えを持っているので、トレーニングを積んでいけば素晴らしい選手になると思う。」とコメント。

また、複数クラブが久保の獲得に動いていたが、大金社長は「(久保側の)希望があったので受け入れることになった。」とFC東京への入団の経緯を明かしている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加