【動画】EL出場を決める1ゴール2アシストの香川 独紙「モンスタークラスの活躍」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

bvb_svw_team_klopp_920

ブンデスリーガ最終節でドルトムントの全ゴールに絡む活躍をみせた香川真司をドイツメディアが絶賛している。

【香川真司:採点・寸評】

ビルト紙採点:2

レヴィア・シュポルト採点:2−
寸評:ドルトムントファンは、この香川をシーズンを通して見たかった。ギュンドアンからのパスを受けた後、PA内で彼は冷静であり、1−0となる得点を決めた。そのわずか2分後、オバメヤンとのワンツーによって2−0となる得点をアシストしている。同様に3−1となった場面も彼のパスからムヒタリヤンが決めている。

デア・ヴェステン採点:1.5(チーム最高点)
寸評:ドルトムントの2−0とリードを奪う2回のチャンスで決定的な仕事をした。1−0の場面では冷静で、シュートのための正しい瞬間を待っていた。そして、2−0の直前ではオバメヤンと、質の高いワンツーを見せている。また、3点目となるパスをムヒタリアンへ送っている。この日は、81分のヨイッチと交代時に盛大な拍手を送られるほどのモンスタークラスの活躍。

ルール・ナッハリヒテン採点:2
寸評:得点の前は冷静で思慮深く簡単なものに見えた。このゴールが、最近はフォームを見失っていた繊細な日本人の重圧を解放したようで明らかによくなった。オバメヤン、ムヒタリアンのゴールもアシストした。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

人気記事
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク