古巣ドルトムントとのポカール決勝を前に独紙「香川ら友人との対戦を待ちわびるペリシッチ」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

img_d34b62fd25b8573f7ca65774413716bd337923

5月30日に行われるDFBポカール決勝でヴォルフスブルクに所属するイヴァン・ペリシッチは、古巣であるドルトムントとの一戦に挑む。キッカー紙ではこの試合がペリシッチにとって「特別な意味が含まれている。」と掲載している。

同選手は直近4試合で2ゴール2アシストと好調をキープ。最終節でも1ゴール1アシストの活躍をみせ「今見せているパフォーマンスは、決して悪くはないよね。」と自信を口にしている。

2013年までドルトムントに在籍していたペリシッチだが、今でも香川真司やイルカイ・ギュンドアン、マルコ・ロイスとは連絡を取っているようで、前回の対戦後にも自信のSNSで香川とギュンドアンとの3ショットを公開するなど関係は良好だ。

キッカー紙は「香川ら友人との対戦を待ちわびるペリシッチ」とし、今回のポカール決勝に向けて「相手が誰であれ同じこと。クラブ初のポカール制覇を達成したい。」と意気込みを語る同選手のコメントを紹介している。

スポンサーリンク

【キッカー紙:先発予想】

(ドルトムント)
GK:ランゲラク
DF:ドゥルム、スボティッチ、フンメルス、シュメルツァー
MF:ケール、ギュンドアン、ムヒタリアン、香川真司、ロイス
FW:オバメヤン

(ヴォルフスブルク)
GK:ベナリオ
DF:ヴィエイリーニャ、ナウド、クローゼ、ロドリゲス
MF:グスタボ、アーノルド、ペリシッチ、デ・ブルイネ、カリジューリ
FW:ドスト

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加