ミラン幹部が明かす今季開幕前のインザーギ監督「本田の能力と姿勢に引きつけられた」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

CGH8kMhU4AEAg7z

今季からミランの指揮官を務めるインザーギとシーズン終盤にかけて存在感を示す本田圭佑。ミラン運営部長であるガンディーニ氏が本田を称賛しながらも、シーズン開始前のインザーギ監督の考え。アジアカップで本田がチームを離れたことでミランに及ぼした影響などを語っている。

昨年1月にミランに加入した本田だが、監督の交代など移籍当初は厳しい立場からのスタートとなった。

ガンディーニ氏は「最初の6カ月で圭佑は難しい状況にあった。一週間のうちに3人の監督の下でプレーすることになったからだ。アッレグリで始め、(アシスタントコーチのマウロ・)タソッティが続き、それから(クラレンス・)セードルフだった。」と本田の入団当時を振り返った。

大きな期待を背負いミランの一員となった本田だが、昨シーズンはその期待を裏切る結果となってしまった。今シーズンから指揮をとることとなったインザーギ監督も、当時の本田の状態をみていたことから開幕前のアメリカツアーで本田の能力を疑問視していたという。

このことについて同氏は「アメリカでインザーギは少し困惑していたんだ。彼が知っていたのは、昨季の後半戦での圭佑だったからね。だが、それから彼のことを評価し、1週間も練習すれば圭佑の能力と姿勢に引きつけられていた。それでインザーギは彼をチームの主軸にしたんだよ。」と説明している。

スポンサーリンク

開幕ゴールを挙げるなど、シーズン初戦を最高の形で迎えた本田については「シーズンが終わり、彼はバカンスで回復。それから特に今季前半戦で我々が称賛することになったコンディションでチームに来てくれた。」と、改めて前半戦の活躍を称賛した。

しかし、1月には日本代表に招集されアジアカップを戦うためにチームを離れた本田。「本人は認めないと思うが、アジアカップを戦った圭佑は心身ともに影響を受けていた。負けると思っていなかった準々決勝で敗れたんだ。圭佑が離れてから、チームは何かしらの理由でバランスを失った。」これがミランにとってシーズンの結果を左右する大きな影響を与えたと指摘している。

本田が合流した後もミランの不振は続く。「それからミランはケガが増え、メンバーチョイスが難しくなった。圭佑は戻ってきたときには疲れており、精神的にもこれまでなかった競争の影響を受けていたんだ。彼はそこから挽回しなければいけなくなった。」とチームと本田が難しい状況に置かれていたことを伝えた。

それでもガンディーニ氏は「決定的な存在にはならなかったが、彼は常に存在感のある重要な選手だ。(ミランの元スポーツディレクターで現在バルセロナの国際スポーツディレクターを務めるアリエド・)ブライダの言い方を借りれば、彼は数少ないリーダーの素質を持つ選手の一人だよ。言葉ではなく、仕事をすることでリーダーとなる選手だ。」と本田を高く評価している。

また、イタリアメディアによると本田に対するシャルケやプレミアリーグからのオファーについてミランは「サヨナラを言うつもりはない」と2017年までの契約を尊重し、本田放出はクラブとして検討しないと伝えている。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加