マインツ地元紙が武藤獲得について「交渉の過程で岡崎も決定的な役割を担った」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

CGQnWR5UkAALm8-

岡崎慎司が所属するマインツは30日、4年契約でFC東京から武藤嘉紀を獲得したことを発表した。地元紙「Allgemeine Zeitung」は今回の移籍について大きく報じている。

同紙は獲得に成功した武藤について「マインツが求めるプロフィールに合致する選手。」と期待を寄せており、今季レンタルで獲得していたホフマンがドルトムントへ復帰することも合わせて「クリスティアン・ハイデルGMは、攻守の切り替えでスピードと創造性を与えられるテクニックに優れたサイドアタッカーを探していた。今シーズンはヨナス・ホフマンを想定していたが、負傷でシーズンの大半を棒に振った上に、来シーズンはドルトムントに復帰する。」と伝えている。

また、武藤がマインツを選んだ理由として「出場機会と、ヨーロッパのリーグで成長するための静かな環境を得られる手ごたえをつかんだ。」と武藤のコメントを紹介している。

さらに同紙は、今回の武藤獲得の大きな要因の1つとして、日本代表の先輩でもある岡崎の存在を挙げている。「交渉の過程で岡崎も決定的な役割を担っており、武藤に対して直々にマインツ移籍を勧めた。」と説明した。

岡崎も武藤のマインツ加入に「あのスタジアムでプレーできることは幸せだと思う。」と移籍決断を歓迎している。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加