【画像】リーグ戦デビューを飾った16歳の堂安律「10分もらえれば何かできる自信はある」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

3日に行われた鹿島戦でリーグ戦デビューを飾ったガンバ大阪の堂安律が、4日の練習後にデビューについてコメントしている。

後半アディショナルタイムからの出場となった堂安だったが、それまで宇佐美貴史が持つクラブ最年少記録17歳18日を塗り替えた。16歳11カ月18日という記録はJリーグ史上8番目の速さとなっている。

先日のFCソウル戦(ACL)でガンバ大阪の先輩宇佐美と同じ対戦相手で公式戦デビューを果たしている堂安。Jリーグのデビュー戦でも宇佐美と同じ鹿島戦での出場となった。これについて堂安は「宇佐美くんと全く同じなんですよね!先輩としてすごく尊敬している。」と喜びを口にした。

残り時間わずかでの出場となったが、今後については「まず5分でもいいから出場すること。10分もらえれば、何かできる自信はある。」と意気込みを語っている。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加