ブラッター会長の辞任により英各紙が18年と22年のW杯開催地の再投票の可能性を報じる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 19

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150604-00319036-soccerk-socc

ゼップ・ブラッター会長が3日に辞任を表明したことにより、イギリス各メディアはW杯の開催地として決定している18年のロシア大会と22年のカタール大会の再投票の可能性を報じている。

ガーディアン:『失脚:ブラッター立ち去る』彼の退任は世界のフットボール界の未来に混乱に満ちた憶測を引き起こした。

テレグラフ:『厄介払い』ブラッターの崩御こそ、フットボール界において最も美しいものに。ブラッターが追放され、ロシアとカタールのワールドカップが不確かに。両国の18年、22年の開催権に疑いがかけられた。

インデペンデント:ブラッターのFIFA辞任は『犯罪の決定的証拠』となり得るとダイク(FA会長)が語る。

タイムズ:ブラッターが立ち去り、ワールドカップに壊滅的被害をもたらす。

ミラー:フットボール界にとって素晴らしい日。FA会長が大君主の失脚を祝う。

メール:これが逃げ道だゼップ!(そしてお前のインチキにドアを閉ざそう)

サン:『捕まえた』。ゼップ追放。ダイク(FA会長)はワールドカップ(2大会)の再投票を望む。

エクスプレス:『ブラッターは今日でおしまい』ゼップ・ブラッターが汚職事件の真っ最中にFIFA会長を辞任するというニュースは、反対派を喜ばせ、彼の政権下で最も物議を醸した決定のいくつかをバラバラにかき乱した。

スポンサーリンク

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加